女性用電気シェーバーおすすめ人気ランキング9選!選び方から使い方までご紹介♪

今回は肌にも優しく手軽に除毛処理ができるという女性用電気シェーバーについて調べてみました。

電気シェーバーの特徴や選び方のポイントなど役立つ情報のほか、部位ごとのおすすめレディースシェーバーをランキング形式でご紹介します!

女性用電気シェーバーの特徴

電気シェーバーと聞くと男性が使うものというイメージがありますが、女性用のものは、ムダ毛処理に便利なアイテム。

まずは、その特徴からご紹介しますね。

安全かつキレイにムダ毛処理ができる

肌へ刃を当てて動かすことで、肌表面の体毛をカットしていくカミソリと違い、電気シェーバーは外刃で肌を押し込み、毛を突出させてから内刃でシェービングしていくもの。

つまり、カミソリより体毛を外に押し出してカット出来るので、深剃りになりキレイな仕上がりに。

また、外刃の奥に実際ムダ毛をカットする内刃が搭載されていて、直接切断刃が肌に触れることがないので、肌を傷つけるリスクがなく、安全にムダ毛処理が可能。

他の脱毛器と比べると、毛穴内部へ作用するものでないことから、処理時の痛みもほとんど感じないアイテムなんです。

操作が簡単で手軽

コンセントや電池を使って動かせる電気シェーバーのほとんどが、複雑な調整や操作の必要がなく、ボタン1つで使用できるシンプルな作り。
だから直感的に操作ができるというわけです。

また、カミソリなどを使う場合は、水で肌を濡らしたり、フォームやジェルなどで肌の滑りをよくする準備が必要。

一方、電気シェーバーは、乾いている肌状態でも使用できる機種があり、いつでも思い立った時に、すぐ使える手軽さも兼ね備えています。

使い方のバリエーションが豊富

電気シェーバーは、アタッチメントなどの付属品を活用すれば、様々な使い方ができます。

例えば、顔の産毛カット以外にも眉の形を整えることができるものや、デリケートゾーンのスタイルを整えるだけでなく、アンダーヘアのボリュームダウンが出来たり。

女性用の電気シェーバーは、除毛という役割だけでなく、あらゆるヘアのスタイリングに使え、
女性のキレイを様々な形でサポートしてくれます。

電気シェーバーの種類

一言で電気シェーバーといっても、いくつか種類があるのをご存知ですか?
代表的な3つのタイプについて、押さえておきましょう。

①電池式タイプ

電気シェーバー本体に指定の電池を入れて使用するタイプ。

コードレスでサイズ感もコンパクトなものが多く、持ち運びにも非常に便利です。

特に細かい動きが必要なフェイス用の電気シェーバーは、この電池式タイプを多く採用しています。

コンセントの電圧が気になる海外旅行でも、乾電池さえ準備していれば気軽に利用可能。
価格も比較的安価なものが多いのもこのタイプです。

デメリットとしては、電池自体が消耗品となるので、ランニングコストがかかる他、電池の残量が見た目でわからないので、使用途中で電池が切れてしまうなんてことも。

②充電式タイプ

充電式の電気シェーバーは、本体にコードを繋いで充電させるタイプのもの。

充電時にコンセントを利用しますが、蓄電できればコードレスになります。
さらに入浴中に使用できるものも多いので、使い勝手も○。

充電式タイプの電気シェーバーは、稼働パワーや機能性の高さから全身のシェービングができる機種に多く採用されています。

本体価格は少し高めながら、充電すれば繰り返し使うことができるので、ランニングコストもかからず、費用対効果の面からもコスパが良いと言えるでしょう。

ただ、バッテリーを含めた本体サイズや一定の充電時間が必要なところに不便さを感じる人もいるかもしれません。

③交流式タイプ

充電式とは違い、本体をコンセントに繋ぎながら使用するのが交流式の電気シェーバー。

充電時間が要らず、コンセントさえあれば、すぐに使えるところが最大のメリットです。

給電しながらの利用となるため、途中の電力切れという心配もなし。
使用中のみ電気を使うので、電気代も安くすみます。

コンセントとセットで使用する交流式は、お風呂場など水回りでの利用は不可。

また他のタイプに比べるとコンパクトさはないため、持ち運びにはあまり適しないでしょう。
自宅など固定の場所で利用するのがおすすめです

女性向け電気シェーバーの選び方

電気シェーバーの選び方

販売されている様々なタイプのレディースシェーバーから、自分に適したものを選ぶポイントについてまとめてみました。

使用したい部位で選ぶ

女性向けの電気シェーバーは、1つで全身の部位に対応する機種はほとんどありません。

まずは、自分が処理したい部位に適したシェーバーを選ぶことが大切です。

主な使用部位は以下の通り。

フェイス用
産毛のカットや眉毛を整えるなど顔のパーツに特化したもの。細かな部分まで処理できるようコンパクトかつ軽量で扱いやすい形状が多い。
ボディ用
脚や腕、ワキなどのムダ毛を処理できるシェーバー。刃部分の作りが大きく、全身をスピーディーに処理できるよう設計されている。
デリケートゾーン用
主にVIO部分のスタイルを整えたり、アンダーヘアのボリュームダウンに使える電気シェーバー。デリケートな部分のムダ毛処理を行うため、コンパクトで安全面にも配慮された機種が多いのが特徴。

機能性で選ぶ

レディースシェーバーの使い易さに直結するのが、機能性。
どんな機能が搭載されているものなのかしっかりチェックしましょう。

例えば、持ち運び時の誤作動を防止するロック機能や付属アタッチメントのバリエーション、肌に密着しやすい可動ヘッドなど。

安全面や使いやすさが向上するような機能・使用用途の幅が広がる機能がある機種は、使い勝手もよくおすすめです。

他にも機器自体が重いと使いにくくなってしまうため、片手て楽に持てる重さを目安に電気シェーバー本体の重量も確認しておきましょう。

使うシーンで選ぶ

電気シェーバーを使うタイミングやシチュエーションに合う機種を選ぶのも大事なポイント。

旅行や外出先などでシェーバーを利用する場合は、コードレスタイプで、サイズはコンパクトなものの方が持ち運びにも便利です。

自宅で使用する場合には、より静音性の高い機種がおすすめ。またドライスキンでも使えるタイプの方が使い勝手もいいと思います。コンパクトさよりも機能面やコスパを重視した方がよいでしょう。

バスタイムでの利用を考えるなら、防水性を迷わずチェック。
さらに泡剃りが可能なものだと入浴中も処理しやすくておすすめです。

【顔用】オススメの女性用電気シェーバー3選

では、ここで、部位別のおすすめレディースシェーバーをご紹介!
購入の参考にしてみてくださいね♪
まずは、顔用から。

*「価格」は、税別・込みを区別なく表記しています。
*確認ができなかった項目については「ー」としております。
*「水洗い」=防水性ではなく、水洗いのメンテナンスが可能か否かです。

①パナソニック|フェリエ 顔用 ES-WF61

パナソニックフェイスシェーバー

タイプ 電池式(単4形電池×1本)
価格 2,859円
市販購入
サイズ 高さ15.6×幅1.7×奥行3.0cm
重量 約20g(乾電池除く、キャップ含む)
付属品等 掃除用ブラシ
マユカバー
マユコーム
水洗い 不可

パナソニックの美容家電シリーズ、フェリエの顔用電気シェーバーES-WF61は、約0.12㎜というステンレスの丸薄刃により、安全かつ切り味のよさで、細かい顔の産毛をすっきりとシェービング。

コンパクトなサイズと仕上げる高さを3段階調整ができるマユコーム付きで、使い勝手も○。

エレガントなカラーバリエーションもおしゃれです。

②ヴィート|センシティブ・タッチ プレミアム

veetセンシティブタッチ

タイプ 電池式(単3形電池×1本)
価格 3,547円
市販購入
サイズ
重量
付属品等 顔用ヘッド・コーム
ボディ用ヘッド・コーム
ポーチ
キャップ
クリーニングブラシ
水洗い

世界的な除脱毛ブランドのヴィートから初の電動ビューティートリマーが誕生。

それがセンシティブ・タッチプレミアムです。

最大の特徴は、ヘッドを付け替えれば、顔だけじゃなく、腕やワキ毛のほかデリケートゾーンの処理まで1本で賄えてしまうこと。

また肌に合わせた角度調節も可能なうえ防水設計で、どんな場所でも使えるという利便性が高いシェーバーになっています。

③Megainvo|口紅型フェイスシェーバー

Megainvo フェイスシェーバー

タイプ 電池式(電池×1本)
価格 1,780円
市販購入 不可
サイズ 高さ10.5×幅2.38×奥行2.38cm
重量 約37.78g
付属品等 掃除用ブラシ
水洗い 不可

Megainvoの口紅型フェイスシェーバーは、サイズが非常にコンパクト。

ほぼ口紅と同等サイズなので、メイクポーチにもスッキリ収納が可能。

肌接地面には18カラット金メッキを使用し、肌当たりも優しいものになっています。

くるくると数回肌に当てるだけで、ムダ毛を絡め取りカットしてくれるという簡単で手軽な使い方も高ポイントと言えるでしょう。

【ボディ用】オススメの女性用電気シェーバー3選

続いて、厳選したボディ用のレディースシェーバーをご紹介しましょう。

①パナソニック|フェリエ ボディ用 ES-WR50

フェリエ ボディ用 ES-WR50

タイプ 電池式(単4形電池×1本)
価格 2,700円
市販購入
サイズ 高さ15.6×幅1.7×奥行3cm(キャップ含む)
重量 約20g(乾電池除く、キャップ含む)
付属品等 掃除用ブラシ
水洗い 不可

パナソニックのフェリエシリーズ、ボディ用ES-WR50は、ワキ、ウデ、アシの他ビキニラインの剛毛まで処理が可能な全身シェービングアイテム。

コンパクトなサイズ感はそのままに、フェイス用より、刃溝幅を約1.4倍にすることで、より太い体毛をスムーズにカットできる仕様に。

左右へスウィングするヘッドは、肌の凸凹へしっかり密着するため剃り残しも少なく快適にムダ毛の処理が出来るアイテムです。

②パナソニック|サラシェ ES-WL50

サラシェ 全身用

タイプ 電池式(単4形電池×2本)
価格 3,550円
市販購入
サイズ 高さ14.8×幅5.1×奥行4.7cm(キャップ含む)
重量 約110g(乾電池除く)
付属品等 ビキニコーム
掃除用ブラシ
水洗い 不可

パナソニックのサラシェシリーズ、ES-WL50の電気シェーバーは、ネット状の外刃がぴったりとフィットして、全身のムダ毛処理を優しくスピーディーにシェービングしてくれます。

さらにビキニラインについては、スタイルを整えるだけでなく、付属のコームでアンダーヘアのボリュームダウンも可能。

また防水設計なうえ、泡剃りも出来るので、お風呂場でも使いやすい仕様になっています。

③ブラウン|シルク・エピルLS5500R1ボディ用シェーバー

シルク・エピル LS5500R1

タイプ 充電式
価格 5,364円
市販購入
サイズ 高さ14.4×幅5.2×奥行3.4cm
重量 約130g~165g
付属品等 掃除用ブラシ
水洗い

小型電気機器メーカーのブラウンから発売されているシルク・エピルLS5500R1ボディ用シェーバー。

丸みのあるヘッドとトリマーディップで、優しくボディラインに沿いながら、安全かつしっかりとムダ毛を処理してくれます。

充電も1時間で完了し、最大40分コードレスで使用可能なので、全身を処理するには十分なパワーと言えます。

丸洗いできるため、メンテナンスのしやすさも○。

【VIO用】オススメの女性用電気シェーバー3選

最後に、デリケートゾーンといったVIO用のおすすめ電気シェーバーです。

①ラヴィア|Vライン トリマー

ラヴィア Vライン トリマー

タイプ 電池式(単3形電池×2本)
価格 3,810円
市販購入 不可
サイズ 約21×157mm
重量 約28g(電池含まず)
付属品等 掃除用ブラシ
水洗い 不可

女性のボディケア商品を多く開発しているラヴィア。

中でもVライントリマーは、熱でアンダーヘアをカットできるアイテムです。

刃でカットすると毛が鋭利になってしまうところをヒートカットをすることで毛先が丸まり、デリケートな部分のチクチク感を軽減。

さらにコームで覆われたヒート線は直接肌へ触れないので安全に処理が可能。

扱いやすいI字型ボディ&コンパクトヘッドで、細かい調整もしやすいものに。

②ラヴィア|Iライン シェーバー

ラヴィア Iライン シェーバー

タイプ 電池式(単4形電池×1本)
価格 3,810円
市販購入 不可
サイズ 約24×126×28mm
重量 約25.7g(電池を含まず)
付属品等 ポーチ
刃ユニット(替刃)
掃除ブラシ
単4形アルカリ乾電池(テスト用)
水洗い 不可

ラヴィアのIラインシェーバーは、アンダーヘアー専用刃を採用することで、太く剛毛なムダ毛をしっかりと剃ることができます。

コンパクトなT字型ヘッドと持ちやすいカーブグリップで、処理が難しいIラインやOラインもすっきりカット。

デリケート部分のヘアスタイルを自由にアレンジ出来ちゃいます。

お風呂場でも使いやすい防滴仕様でシェービング後の片付けも楽々。

③アトラス工業|Vラインヒートカッター ルパ

Vラインヒートカッター

タイプ 電池式(単3形電池×2本)
価格 2,497円
市販購入 不可
サイズ 約178x直径20.8mm
重量 約33g(電池含まず)
付属品等 専用ポーチ(収納巾着袋)
専用掃除ブラシ
水洗い 不可

アトラス工業から販売されているVラインヒートカッタールパは、Vラインのムダ毛をヒート線で焼き切ることで毛先を丸く仕上げてくれます。

先端に、LEDライトを搭載することで、見えにくい細かな部分もしっかりと確認しながら作業が可能。

またコンパクトサイズなうえ、豊富なデザインとカラーバリエーションで、メイクポーチに入れても違和感なく持ち運べます。

電気シェーバーの上手な使い方

電気シェーバー使い方

次に、レディースシェーバーを上手に使うためのポイントを工程別にまとめてみました!

事前準備編

使用するシェーバーの刃が錆びたり欠けたりしていないかをチェック
刃が劣化している状態で使用すると深剃りしにくかったり、肌へダメージを与えてしまうことに。その場合は、使用する前に新しい刃へと必ず交換しましょう。
ムダ毛を事前にハサミでカット
処理する毛が長すぎると上手くカットできない場合もあるので、短くしておくのがおすすめ。
処理する部位を清潔にする
ムダ毛を処理するときの肌トラブルを避けるために、清潔な状態でシェーバーを利用しましょう。ただし、濡れたままだと処理できない機種もあるので注意してください。
シェービングジェルやフォームを塗る
(使用できる機器のみ)肌へのダメージ軽減やシェービングしやすくするためのアイテムを活用しましょう。

処理時

電気シェーバーの刃を肌に押し付けすぎずに密着させる
肌に密着させることで、よりムダ毛を丁寧にカットすることが出来ます。逆に肌へ押し付ける力が強すぎるとシェーバーの滑りを損なう場合がありますので、注意しましょう。
毛の流れに沿うようにシェーバーを動かす
毛の流れに沿わせることで、肌への負担も少なく済みます。しかし毛に逆らって処理を行うよう推奨している機種もあるので、説明書をよく確認して使用しましょう。また何度も同じ場所を処理すると肌ダメージの原因になるのでNGです。

アフターケア

処理した部位は、冷やしたタオルや保冷剤などを使い、肌をクールダウン
部位を冷やすことで、肌へのダメージ軽減に繋がります。
保湿剤を用いてしっかりと潤いを補給する
ムダ毛処理で肌に負担をかけた後は、健やかな状態を促すために、保湿効果のあるアイテムでしっかりと潤いを足してあげましょう。

このように、事前の準備からアフターケアまでをしっかりと行うことで、つるつるの肌に仕上げることが出来ます。

ただし、機器によって使い方が異なる部分もあるので、説明書をよく読んだうえで利用しましょう。

女性向け電気シェーバーまとめ

女性を悩ませるムダ毛を効率よく、しかもボタン一つで手軽に簡単処理できる電気シェーバー。

一方で除毛効果は、持続しにくいため、小まめな処理が必要です。

ポイントをしっかり押さえて、上手に活用すれば、つるつるボディも夢じゃないかも♪

あなたに最適なレディースシェーバーを見つけて、面倒なムダ毛処理にさよならしてみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう