カラダの悩み解決マガジン~カラダライフ|Karada Life

人それぞれの身体の悩みを解決!ダイエット、ニキビ、脱毛、バストアップ、薄毛、体臭、性病などの自分でできる解消法や治療院、サロン、グッズをご紹介

*

ぽっこりお腹を引き締めるために重要な2つの運動と食生活♡

    254views

いつの間にか発生しているお腹ぽっこり。普段から気をつけているつもりでも、ちょっとした油断で出てくるから困ったものです。

このお腹ぽっこりですが、どうすれば解消できるのでしょうか?

お腹ぽっこりを引き締めるには

本当にそのお腹のままでいいの?

お腹ぽっこりの状態を解消するには様々な方法があります。中でも効果が期待できるのが、「有酸素運動」ですね。

お腹の周りは中性脂肪が蓄えやすい環境があります。脂肪を燃焼するには筋トレに代表される無酸素運動ではなく、有酸素運動をしなければ意味がないと考えられています。

お腹ぽっこりに適用される有酸素運動として有名なのが、「水泳」です。水泳は体全体の筋肉をまんべんなく使うことができるため、脂肪燃焼を早く実現させてくれます。

さらに水の抵抗を受けながら進むので、体全体に負荷がかかるのでより脂肪燃焼が進むのです。水泳はまさにお腹ぽっこりを引っ込めてくれるのに最適な運動と言えるでしょう。

56a5fc96d69551b746a7fe11a9ebd5b9画像 https://jp.pinterest.com/

水泳をする際の注意点

最初から無理をしすぎない事が大切

水泳をする場合には、最初からハードな運動をしては継続するのが困難になります。お腹ぽっこりを引き締めるにはそれなりの日数が必要となりますから、継続することを目的にしてスケジュールを組みましょう。

全然運動をしていないのであれば、最初は水中を散歩するところからスタートします。これだけで多くの人は筋肉痛になってしまうものです。水中は思った以上に全身に負荷をかけるのでお腹周りだけでなく、腕から足にかけて筋肉痛が襲います。

最低1日に20分は運動を続けるようにしてください。脂肪燃焼が始まるのは有酸素運動後20分ほどからだと言われているからです。

3f119af2395039021cd5f2b302abe1e0画像 https://jp.pinterest.com/

■ジョギングも効果が高い

走ってかく汗って気持ちいいよね♪

お腹ぽっこりを引き締めるための運動は、水泳だけではありません。陸上で0円から始められるのが「ジョギング」です。

1時間に7km程度の非常にゆっくりとした速度で走っていきましょう。こちらも20分ほど走り続けなければ脂肪燃焼は起こりません。最初は厳しいと思いますので、5分走って1分休んでの繰り返しで大丈夫です。

慣れてきたら20分走り続けてみましょう。

257edef5b0ff3c43185b94c00ea4616d画像 https://jp.pinterest.com/

食事に気をつけて

カロリーを気にして楽しい食事をしよう

お腹ぽっこりの状態を改善するには、運動と同時に食事にも気をつける必要があります。高カロリーを摂取しても良いですが、1日の総摂取カロリーを平均値もっていくようにし、偏った食生活を見直しましょう。

肉類の脂肪だけでなく、炭水化物も体が求める以上を摂取すると脂肪に変わって体内に蓄積されていきます。これが中性脂肪になりますので、炭水化物の過剰摂取は控えるべきです。

ですが無理な食事制限は体を壊すだけでなく、リバウンドが発生するので決して慌ててはいけません。1年で10kg太ったならば、1年かけて10kg痩せるのが正常の方法です。長いスパンでお腹ぽっこりを引き締めていきましょう。

 

【関連記事】

こうじ酵素の効果で毎日お通じがよくなるって本当?
人魚姫のCMで話題沸騰、深田恭子みたいなモテボディになりたいっ!

 - ダイエット, 未分類, 簡単ダイエット, 食事ダイエット , , , ,