理化学研究所や京都大などの
研究グループは、アトピー性皮膚炎の
原因となる遺伝子を、マウスを使った
実験で突き止めたと発表した。

新たな治療薬や予防法の
開発などにつながる成果という。
米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」
電子版に26日、掲載される。

理研の吉田尚弘研究員らは、
アトピー性皮膚炎を発症するマウスを調べ、
「JAK1」というたんぱく質の
遺伝子の一部が変化し、異常に活性化しているのを発見。

その結果、皮膚の角質に働く酵素も活性化し、
角質がはがれて刺激を
受けやすくなっていることが分かった。

JAK1の働きを防ぐ塗り薬や、
刺激から皮膚を守るワセリンなどを
マウスに塗ると、
アトピー性皮膚炎の発症を予防できた。

ライブドアニュースより引用

簡単に言うと、

アトピーって皮膚を剥がすから
刺激して炎症起こすんだよね。

それを保湿効果あるワセリン塗ると
緩和されて発症を予防できるんだよ。

って言っているわけですが・・・

常日頃からアトピー性皮膚炎で
悩まされているユーザー達からすると
「そんなん常識やぞ!」
ってレベルの話だったようです。

どうやらアトピー性皮膚炎と
長い間付き合ってきた
人達からすると
ワセリンでアトピー性皮膚炎を
予防するのは常識
らしいです。

つまりはワセリンは常備薬。
そのもう一つランク上
効果があるものを
みなさん求めているようですね。

そんなアトピー性皮膚炎に悩まされてる人が
「脱ステロイド出来た!」と話題になってる
商品があります。

アトケアプロと言って体の中から
症状を改善していくタイプが
今人気のようです。

アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は
チェックしてみてください。

公式サイトでみる