ヴィーガン

最近よく耳にするようになった「ビーガン(ヴィーガン)」というワード。皆さんは、ベジタリアンとの違いをご存知ですか?日本ではまだ認知度の低いビーガン(ヴィーガン)ですが、海外では、健康や美容そして心のメンテナンスのために実践している人がたくさんいるようです。

そこで今回は、ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いや本当に健康によいのかどうか…などを詳しく調査していきます。

ビーガン(ヴィーガン)とは

ヴィーガン女子

ビーガン(ヴィーガン)の歴史は意外に古く、1944年、イギリスでビーガン(ヴィーガン)協会(The Vegan Society)が設立された際に命名されたとされています。

ベジタリアンは様々なタイプの菜食主義者の総称ですが、ビーガン(ヴィーガン)は卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のこと。

さらに、食だけに限定するのではなく身の回りのものも、極力動物由来のものを避けることで動物の命を尊重する人達もいます。

ビーガン(ヴィーガン)と一口に言っても、下のように実は色々なタイプに分けられます。

ビーガンの種類
  • ビーガン(ヴィーガン)…植物性食品のみを食べる
  • エシカル・ビーガン…食品だけでなく、レザーや毛皮などの動物製品も使用しない
  • ダイエタリー・ビーガン…衣料品などにはこだわらないが、動物性食品を口にしない
  • フルータリアン…果物など収穫により植物を殺さないものを食べる

他にも多くのカテゴリーに分類されています。

ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いは?

野菜を比較する少女

ベジタリアンの言葉は、ベジタブルが由来だと思っている人もいるかもしれませんが、ベジタリアンのベジは、ラテン語のvegetus(ベジェトゥス)が語源。

「健全な」「新鮮な」「活力のある」という意味です。

1847年に発足した英国ベジタリアン協会で初めて使われた言葉だと言われています。

ベジタリアンとは、簡単に言うと肉や魚を食べない菜食主義者のこと。

野菜や果物などを中心に食べる、海外では人気の高い食事スタイルです。
ベジタリアンも、沢山のタイプに分けられます。

ビーガンとベジタリアンの違い
  • ビーガン(ヴィーガン)…植物性食品のみを食べる
  • ラクト・ベジタリアン…植物性食品と乳製品は食べる
  • ラクト・オボ・ベジタリアン…植物性食品と乳製品、卵は食べる
  • ペスコ・ベジタリアン…植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる

ベジタリアンとビーガン(ヴィーガン)は混同されがちですが、ベジタリアンは体の健康に、ビーガン(ヴィーガン)は心の健康に重きを置いているような印象。

そして、いきなりビーガン(ヴィーガン)になる人よりも、ベジタリアンから徐々にビーガン(ヴィーガン)になる人が多いようです。

意外と多い?ビーガン(ヴィーガン)の有名人

有名人には意識の高い人達が多く集まっている印象を受けますが、ベジタリアンではなく、ビーガン(ヴィーガン)の人達も意外に多くいるのでしょうか?

調査してみました!

ローラさん

ローラ

お肉を使わないバーガーやビーガンスナックを自身のインスタグラムで紹介していたローラさん。

世間ではローラさんがヴィーガンになったと話題になっていましたが、先日自身のTwitterでこの噂を否定。

どうやらプロポーション維持や健康のためにヴィーガン料理を多く取り入れていたようです。

中谷美紀さん

中谷美紀

女優の中谷美紀さんは、ベジタリアンが多いインドを旅行したことがきっかけで5~6年間は菜食主義を貫いていたよう。

しかし、体調を崩したことで医師から肉食を勧められ、それ以降菜食主義はやめたそうです。

松井玲奈さん

松井玲奈

元SKE48の松井玲奈さんは、肉は筋っぽくて、のみ込むタイミングが難しくて嫌いという理由から、牛・豚・鶏などを食べない非肉食者になったよう。

しかし、卵・乳製品・魚介類は食べるので、完全なビーガン(ヴィーガン)ではなさそうです。

ソニンさん

ソニン

ソニンさんがベジタリアンになったきっかけは、2009年の夏に行われた舞台「ヘンリー六世」の稽古期間中。

ジャンヌダルク役で甲冑を着るため、軽やかに動けるように減量しようとマクロビオティックを実践するもうまくいかず、久しぶりにお肉の入ったサンドウィッチを食べたときに体が拒絶反応を起こしたことをきっかけに、お肉を食べるのを止め、栄養学を学びヴィーガン(ビーガン)になったようです。

ビーガン(ヴィーガン)は不健康?菜食主義者に不足しがちな栄養素

野菜を食らう女性

ビーガン(ヴィーガン)の有名人を見てきましたが、長年ビーガン(ヴィーガン)を貫くのはなかなか難しそう。

ビーガン(ヴィーガン)で長年元気に生きる人もいる一方で、数か月で体調が悪くなってしまう人もいるようです。

ではビーガン(ヴィーガン)は、栄養面から本当は不健康な食事なのでしょうか?

結論から言うと、「動物性食品だけから摂取できる栄養素は存在しない」ということ。
言い換えると、「動物性食品から摂取できる栄養素の全ては、植物から摂取できる」です。

しかし、普段の食生活からビーガン(ヴィーガン)になる際、単純に肉や魚を抜いただけの食事にしてしまうと、栄養不足に陥ってしまう可能性があります。

そのため、ビーガン(ヴィーガン)を実践する場合は、動物性の食材からの摂取が多く、菜食にすることで不足しがちな栄養素をきちんと把握し、その栄養素を植物性の食品で摂取することが大切です。

菜食で不足しがちな栄養素は、主に下記の6つと言われています。

ビーガンに不足しがちな栄養素
  • タンパク質
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • ビタミンB12
  • オメガ3脂肪酸

ビーガン(ヴィーガン)におすすめの食材はナッツ!

ナッツ

ビーガン(ヴィーガン)になるためには、上で紹介した6つの栄養素が、どのような植物に含まれているのか頭に入れておくと、体を壊すことなく実践できるでしょう。

そこでおすすめなのがナッツ類です。

ナッツにはビーガンに不足しがちな栄養素が幅広く含まれています。

アーモンドやカシューナッツなど、手軽に摂れるナッツはビーガン(ヴィーガン)にとって欠かせない食材と言えそうです。

まとめ

今回は、ビーガン(ヴィーガン)とベジタリアンの違いや本当に健康によいのかどうか…などを詳しくみてきました。

普段の食事から単純に動物性の食品を除外してしまうと、体に異常が生じる可能性がありますが、菜食で不足しがちな栄養素を把握し、それを植物性の食品でカバーすれば問題はありません。

特に、ナッツは不足しがちな栄養素の多くをカバーすることができるので、今すでにビーガン(ヴィーガン)の人はもちろん、ビーガン(ヴィーガン)になろうと考えている人は、積極的にナッツを摂るようにしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう