ダイエットにおすすめのスムージー人気ランキング10選!市販で買える商品も!

健康や美容を気遣うおしゃれな女性たちの間でブームになった『スムージー』。

でも、いざ手作りをするとなると、野菜や果物、ミキサーなどを準備したり何かと大変・・・。

そこで、今人気なのが手作りしなくでも手軽に飲める”スムージー”です。

野菜や果物を一から準備する必要もなく、面倒な片付けも不要。
さっと用意して手軽にジュース感覚で飲める便利なアイテム。

今回は、そんなスムージーを選ぶポイントやおすすめのスムージーなど、お得な情報や気になる疑問点などを徹底調査しました!

スムージーとは?女性にうれしい効果がいっぱい?

スムージーの効果とは

そもそもスムージーとは、生の果物や野菜を凍らせ、ミキサーなどで砕いたシャーベット状の飲み物のこと。

普段摂りにくい色々な栄養素をスムージー1杯に凝縮して摂れるので、女性にも嬉しい効果がたくさんです。

まずは、スムージーの効果についてまとめてみました!

ダイエット効果

スムージーの主原料である野菜は、炭水化物などを体内エネルギーに変える助けをしてくれたり、ダイエットへいい影響を与えてくれる食材です。

また野菜や果物は、食材の中でも低脂肪かつ低エネルギー(※¹)なうえ、スムージー自体のカロリーを野菜や果物の持っている糖分を生かすことで抑えられるので、食事の置き換えなどダイエットメニューとしても優秀。

他にも食物を細かくして摂り入れることで、消化がしやすくなり、食事時の血糖値上昇を抑制。

そうすることで、血中の糖分を脂肪として溜め込むホルモンが過剰分泌されすぎず、ダイエット効果も期待できるというわけです。

※¹参照:e-ヘルスネット|野菜、食べていますか?

健康維持

野菜や果物には、私たちの健康に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

健康な体づくりのために厚労省では、1日に350gの野菜摂取を推進しているほど。(※²)

これは、小鉢5皿程度に相当しますが、なかなか日々の食事で摂るのは大変。

スムージーは、緑黄色野菜をはじめとした栄養価の高い、野菜や果物を組み合わせることで、幅広い栄養素を手軽に補えるアイテム。

日々の生活にスムージーを加えることで、食事で賄えない必要な栄養の充足を力強くサポートしてくれます。

※²参照:野菜の1日の摂取目標「350g」とは

美容効果

スムージーのメイン食材である野菜や果物には、美肌効果が期待できるビタミン類や抗酸化作用のあるポリフェノールなどアンチエイジングに効果的な栄養素も多く含まれています。

また野菜や果物にある豊富な食物繊維は、特に女性が悩まされる便秘の解消にも効果的。

スムージーの成分で腸内環境が整うことで、老廃物など体に不要なものの排出にも効果を発揮し、むくみや肌トラブルにもいい影響を与えてくれます。

スムージーの主な種類

スムージー3種類

一言でスムージーといっても、色々な種類があるのをご存知ですか?

中でも代表的な3つのタイプについてご紹介しましょう。

①グリーンスムージー

緑色の葉野菜を中心にフルーツとミックスしたスムージー。

鮮やかな緑色の見た目からグリーンスムージーと呼ばれています。

緑黄色野菜の中でも緑色の野菜は、特に貧血や整腸作用、抗酸化作用など健康増進に必要な栄養素が豊富。
しかし栄養価が高い緑色の葉野菜は、青臭さが少しあるため、苦手な人も多いよう。

そんな人はフルーツの分量や種類の組み合わせを調整して、好みの味に仕上げましょう

②レッドスムージー

グリーンスムージーと違い、赤い見た目のレッドスムージー は、トマトや人参など赤色の果肉や素材をメインとして作られたもの。

赤色の食材には、リコピンやポリフェノールといったアンチエイジングに効果がある抗酸化作用の成分やコラーゲン合成に役立つビタミン類などがたくさん含まれています。

スムージーの中でも、特に美容効果を促せるタイプと言えるでしょう。

③フルーツスムージー

フルーツスムージーは、バナナやイチゴなど様々な種類の果物を組み合わせたドリンク。

果物が持つビタミンや食物繊維、酵素など健康な体作りに欠かせない栄養素をたっぷりと摂り入れられます。

また果物自体の甘みや爽やかな酸味で、ジュースのように飲みやすいのも特徴。

一方で、フルーツを多く取りすぎると過剰に糖分を摂取することに繋がるので、ダイエットとして利用する場合は、糖度の少ないフルーツを選ぶなど組み合わせに注意しましょう。

スムージーの商品タイプ

お店などで市販されているスムージーには、主に2つのタイプがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合ったものを選びましょう♪

①粉末タイプ

この粉末タイプは、野菜や果物などをパウダー状に加工したもの。

作り方としては、必要分量を計り、コップやシェーカーを使って、水などの飲み物と混ぜ合わせます。

混ぜるという工程が必要なので、計量が面倒だったり、外出先で気軽に飲めないというデメリットはありますが、混ぜる分量や組み合わせる飲み物などで味を調整できる他、粉末なので日持ちもし、長期保存が可能。

また一杯あたりの単価も安く抑えられるので、コスパがよく経済的です。

②液体タイプ

紙パックや専用ボトルで売られているのが液体タイプのスムージー。

スーパーやドラッグストアなどのお店で簡単に購入できるうえ、自分で混ぜたり計量したりする手間が要らず、蓋を開けてそのまま飲める手軽さが最大の魅力です。

もちろん、そのまま捨てることができるので、片付けも楽々。

一方でこのタイプは、美味しく仕上げるために甘みを加えている場合があり、その分カロリーが高くなっていることも。

また1本あたりの単価も粉末タイプに比べると高く、手軽な分コスパはあまり良くないと言えるでしょう。

スムージーの選び方

各メーカーから色々なタイプのスムージーが販売されていて、どんなものを選んだらいいのか正直迷ってしまいますよね。

そこで、スムージー選びのポイントについてまとめてみました。

素材

各商品によって、スムージーに使われている素材や配合されている成分は様々。

使用する野菜や果物によっても栄養成分は異なります。

また野菜や果物などメイン素材の他、食物発酵エキスへ使用されている食物等でも体に摂り入れられる成分も違ってくることに。

まずは、どんな素材がそのスムージーに使われているのかをしっかりチェックしましょう。
特に、食物系のアレルギーがある人は、成分表を細かく確認することが大切です。

飲む目的

あなたがスムージーを取り入れる目的は?健康維持のため?それともダイエット?

スムージーに期待することは人それぞれだと思います。

できれば自分の目的とする効果が得られそうなスムージーを選ぶようにしましょう。

例えば、健康維持のためであれば、野菜の種類が多いものをチョイスすると幅広い栄養素を取り入れることができます。

美容効果を得たい場合は、コラーゲンや乳酸菌など美容成分がプラスで配合されているものを。

また、ダイエット目的であれば、食事の置き換えとしても利用できる食物繊維が豊富なものや低カロリー、人工甘味料が使用されていないものなんかがおすすめです。

販売されているスムージーには、飲みやすさを考慮して、色々な種類のフレーバーが展開されています。

甘みを感じられるフルーツ系のものから、爽やかな味わいのヨーグルトや抹茶など、自分の好きな味を選ぶことで、スムージーを日々の生活に取り入れやすくなりますよ。

また商品によっては、作る過程の置き時間で粘度が上がり質感が変化するものも。

とろみがあると満腹感を得られやすい一方、飲みにくさも出てくるので、味だけでなく、喉越しなども忘れずチェックしましょう。

市販で買える商品も!ダイエットにおすすめのスムージー人気ランキング10選

続いて、特にダイエットにおすすめのスムージーをランキング形式でご紹介します!

*価格は税抜き込みは区別なく記載。
*確認できない項目は(ー)で表示しています。

①FRUVEGE SMOOTHIE

フルベジスムージー

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,480円(特別価格あり:1,980円)
内容量 300g
フレーバー キウイグリーン
トリプルベリー
アサイーグレープ
ピタヤアップル
パインチアシード
市販購入 不可

FRUVEGESMOOTHIEは、172種類もの豊富な食物酵素エキスに国産野菜を主原料としたスムージー。

ダイエット効果も期待できるチアシードやアンチエイジングに最適なマキベリーなど栄養価の高いスーパーフードも配合。

さらに乳酸菌やオリゴ糖など美容や健康に嬉しい成分がたっぷり。

フレーバーも5種類あり自分の好みに合ったものを選べるので毎日続けやすいスムージーです。

フルベジスムージーの口コミ

つくり方は簡単で、しかも本格的なスムージーでとても美味しく頂きました。今注目のチアシードも配合されており大満足の一品でした

豆乳で溶いて飲みました。
甘くてトロトロ!
ダイエットのためにスイーツをガマンしようと思ってたらこれがスイーツ!
腹持ちもよく必ずリピします。
お気に入りになりました。

②IDEA ダイエットスムージー

IDEAスムージー

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,700円
内容量 300g
フレーバー ミックスベリー
トロピカルマンゴー
ダークチェリー
ブルーベリー
ココナッツヨーグルト
市販購入 不可

IDEAダイエットスムージーでは、たっぷりの野菜や果物などのエキスをぎゅっと詰め込むことで、ビタミンやミネラル等をしっかり補給。

また食物繊維やグルコマイナンといった成分が水を吸収し、スムージーだけでも満足感を十分得られます。

フレーバーも豊富でとろりとした喉越しは飲みごたえもあり、1杯78kcalなので、置き換えダイエットとしてもおすすめです。

IDEAダイエットスムージーの口コミ

粉末スムージーは色々飲みましたが、飲みやすさで選ぶならこれですね。若干高めですが、おいしいし腹持ちがいいです。間食したくなった時に飲んでます。
ミックスベリーを飲みましたが、おいしかったです。他の味も色々試してみたいです。

少しとろ~りとして、フルーティーで、飲みやすく美味しかったです。
ビタミン・ミネラル・食物繊維、そして146種類の野菜エキスと24種類のフルーツエキスが配合されていて、これだけのものを手軽に摂取できるのは有難いです。
無理なく続けられるのは、やっぱり簡単で美味しいことだと思います。

③酵水素328選もぎたて生スムージー

もぎたて生スムージー

商品タイプ 粉末タイプ
価格 5,900円(特別価格あり:1,980円)
内容量 180g
フレーバー ミックスベリー
市販購入 不可

はるな愛さんもダイエット時に愛飲していたというこの酵水素328選もぎたて生スムージーは、爽やかなベリー味のドリンク。

牛乳などとも相性がよく美味しく飲めるスムージーなのに1食17kcalというから驚き!

また旬の素材で抽出した酵素エキスのほか、女性に嬉しいコラーゲンや乳酸菌なども配合。

ダイエットだけでなく、女性のキレイまでしっかりサポートしてくれるアイテムです。

もぎたて生スムージーの口コミ

とにかく味が美味しい!!
私は牛乳で割って飲んでいました
朝はダイエットでこれ一杯でした!
栄養もたくさん入っているので、好きです!

これを置き換えに使うとダイエットしている感じがなく、ただの美味しいスムージーを飲んでいるだけ。
ダイエットの時にありがちなイライラ感がなく、こんな美味しいもので置き換えダイエット本当にできてる???という不安な気持ちになります笑
味は甘酸っぱいベリー味。牛乳にとかすとすぐに溶けてダマになりません。
ちょっぴりとろみがあるので飲みごたえがあります。
体に良いのでダイエットだけでなく毎日飲み続けていきたいです。

④エンナチュラル グリーンスムージー

エンナチュラル

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,000円
内容量 170g
フレーバー アップル風味
市販購入

合成保存料や着色料、人工甘味料不使用という自然にこだわったエンナチュラルグリーンスムージー。

溶けやすいパウダーだからシェーカー要らずで簡単にスムージーが作れるます。

たっぷりの食物繊維やマルチビタミンのほか、野草や和漢植物などを独自バランスで配合。

野菜不足もしっかり補えます。

またスムージー自体がスッキリした風味なので、レシピもアレンジしやすく、飽きずに美味しく飲めるのも○。

エンナチュラルグリーンスムージーの口コミ

人工甘味料や合成着色料などを使っていないスムージーを探していて、内容も良さそうだったのでドラッグストアで購入しました。
牛乳に溶かして朝食代わりにすることが多いですが、水とレモン味の炭酸水で溶かすのもさっぱり飲めるので気に入っています。
粉っぽいのが苦手なのでシェイカーで振っていますがすぐに溶けます。
味もちょうど良い甘みがあって飲みやすいです。
無くなったらリピートします。

シェーカーなしでも水に溶けやすいと思いました。
飲んでみると、グリーンの野菜の味ではなく
りんごの味だったので、飲みやすかったです。
合成着色料・合成着色料・合成甘味料を使っていないので
安心感があります。
甘すぎないところも気に入っています。

⑤カゴメ野菜生活 グリーンスムージー

野菜生活スムージー

商品タイプ 液体タイプ
価格 167円
内容量 330ml
フレーバー キウイ味
市販購入

大手飲料食品メーカーであるカゴメから販売されている野菜生活グリーンスムージーは、1日で必要な野菜の1/2分を使用したスムージー。

野菜不足になりがちな現代人の食事を力強くサポートしてくれます。

ドラッグストアなどでも購入でき、ボトルタイプなので、移動中や家事・仕事の合間にも飲むことも可能。

砂糖や甘味料を使っていないのに、自然の甘さを感じられ手軽で飲みやすいスムージーです。

野菜生活グリーンスムージーの口コミ

滑らかな口当たりにもかかわらず、増粘剤など使用していないという、メーカーさんのこだわりが生きている感じです。野菜ジュースというよりおいしい果物ジュースという感じ。夏は氷を入れても冷蔵庫で冷やしてもおいしい。小腹がすいたときに飲んだり、朝食欲のない時に飲んだり。特に夏は冷やして朝ご飯代わりに重宝しています。パッケージも持ちやすく持ち運びもしやすいので気に入ってます。

朝から食欲がない時などに、手軽に野菜が摂れるし、腹持ちもいいので、よく飲みます。
朝寝坊した時は、持って出掛けて外出先でも時間があるときに飲めるし、常温保存出来るのも魅力的。
食物繊維も豊富だから、便秘しなくなりました。

⑥ファイン グリーンモーニングスムージー

ファインスムージー

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,138円
内容量 200g
フレーバー ミックスフルーツ風味
市販購入

管理栄養士考案のファイングリーンモーニングスムージーは、219種類もの食物酵素やビタミン・ミネラル、さらにたっぷりの食物繊維を摂ることができるスムージー。

シェーカー不要で溶けやすくホットまたはアイスでもOK。

甘みのあるミックスフルーツ味は、青臭いのが苦手という人にも飲みやすいものになっています。

また腹持ち成分も配合されていて、ダイエットの置き換えにもピッタリです。

ファイングリーンモーニングスムージーの口コミ

腹持ちもいいし、安心のファインさんの、天然成分由来なので、また置き換えダイエットに早速使っています!だまにもなりにくいし、飲みやすくて、良かったです!

市販の野菜ジュースよりも糖質が少なくて食物繊維が多いので飲みにくいのかなと思いきや、甘くておいしい。腹持ちがよいので、おやつにもいいですね。購入しようかと2週間くらい悩んでいたので、もっと早く購入すればよかったとおもいました。

⑦Natural Healthy Standard. ミネラル酵素スムージー

ナチュラルヘルシースタンダード

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,138円
内容量 160g
フレーバー マンゴー
アサイーバナナ
はちみつレモン
豆乳抹茶
市販購入

NaturalHealthyStandard.のミネラル酵素スムージーは、植物性の食物繊維や発酵エキスさらに穀物や野草など幅広い栄養素を摂れるのが魅力です。

人工甘味料を使わず加工黒糖などでナチュラルな優しい甘さのドリンクに仕上がっています。

フレーバーも4種類から選べるほか、手を汚さず使える横長設計のパッケージと使いやすさにもこだわった作りに。

NaturalHealthyStandardの口コミ

朝は辛いので、お昼に食事の代わりに飲んでます!
酵素効果か、お通じがよくなりました!体重も減りました、美味しいし続けやすいです(^^)

手軽に栄養などを補いたくて購入しました。
朝ごはん代わりに飲んだり、夕食の置き換えなどで頂いております。
味も選べて飽きがこないですね。
牛乳で割るとどえらい美味さになりました。笑
牛乳や、豆乳で割ることをオススメします!

⑧母なるスムージー

母なるスムージー

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,770円
内容量 150g
フレーバー フルーツ風味
市販購入 不可

母なるスムージーは、豊富な栄養素をしっかりと補給できるよう、幅広い種類の野菜や果物をたっぷりと使用。

栄養機能食品として、ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素をしっかり補えます。

砂糖などを使っていないので飲みにくさはあるものの、栄養素にこだわって作られているため、現代人の栄養不足を力強くサポートしてくれますよ。

母なるスムージーの口コミ

たしかに美味しくはないです。
ただこれを飲み始めて早2ヶ月。体はもちろん、肌も絶好調!!飲まなかった次の日はなんとなく目覚めが悪いし元気が湧いてこない。。
もともと便秘体質ではないのですがよりお通じが良くなり痩せましたしぽっこりしたお腹が凹んできました!!
美容のためにも手放せない一品です。

朝と夕食前にスムージーを飲んでいます。
美味しいとは言えませんが、苦手な味ではないので私はOKです!
私的には、牛乳で割るとサラっとした食感になりオススメです。
いろんな良い成分が入っているので体によいと思います。

⑨アサヒ スリムアップスリム ベジフルチャージスムージー

スリムアップスリム

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,095円
内容量 300g
フレーバー ベジフルミックス味
市販購入

大手食品メーカーのアサヒが扱うスムージー、スリムアップスリムベジフルチャージスムージーは、34種類の野菜やフルーツで、ビタミンやミネラルをしっかり補給。

食物繊維などでダイエットもしっかりサポートしてくれます。

さらに美容効果が高いコラーゲンや乳酸菌も配合。

ドラッグストアなどでも購入できるので、気軽にスムージーをはじめたい人にもおすすめです。

ベジフルチャージスムージーの口コミ

色々な味を試しましたがやっぱりこれが一番飲みやすく飽きない。
手軽な朝食に。ダイエットに。サプリとして。
野菜もフルーツも乳酸菌も手軽にとれて
ダイエット用にもサプリにも使え手軽でおいしくてそこそこ安い。
水でシェイクして30分以上置いておくとトロリとして満足感UPです。

お水にすぐ溶ける、飲みやすいスムージーです☆
私はヨーグルトや牛乳と氷でシェイクしています。
普段生の状態では取りにくい野菜(ケールとか)やたくさんの果物が入っていて
飲むだけでコラーゲンもとれるからヘルシー!!
そして、癖のない味が気に入っています。
結構たくさん入っているのもウレシイ。

⑩くまもとスムージー

くまもとスムージー

商品タイプ 粉末タイプ
価格 2,916円
内容量 270g
フレーバー バナナ&パッションフルーツ
バナナ&オレンジ
ベリー&ハイビスカス
市販購入 不可

くまもとスムージーは、素材の産地にこだわって作られています。

熊本県産の野菜や果物のほか、麹の酵素やごぼう等の食物繊維を利用するなど、厳選された品質の高い自然食材を使用。

また人工甘味料や香料着色料などを使わないことで、安心して飲める工夫も。

他にもスーパーフードのアサイーも配合されていて、ダイエットだけでなく、エイジングケアのサポートとしても○。

くまもとスムージーの口コミ

2つ目リピートです。不必要なものが添加されておらず安心して飲めます。私は、バナナジュースにこちらの商品をスプーン1杯混ぜて飲んでいますが、とても美味しいです(^^)お腹も膨れるし、ダイエットにもなります!また次もリピートします!

スムージーが好きで色々なスムージーを試していますが、「無添加」のものはなかなか無くて今回見つけて買ってみました!
健康志向の方が絶対これがいいです
なんだかもぐもぐ野菜食べた感があります!
甘ったるさがなく、美味しい。

スムージーの美味しい飲み方

スムージー飲み方

スムージーは、ストレートに水で溶かして飲むのもOKですが、アレンジでさらに美味しいドリンクへ変身させちゃいましょう!

美味しく飲めるおすすめのアレンジレシピをご紹介しますね。

①牛乳または豆乳割り

私たちの健康に大切な栄養素である「たんぱく質・脂質・炭水化物」に加え、カルシウムやミネラル、ビタミンなどがバランスよく含まれる牛乳。

この牛乳でスムージーを作れば、さらに栄養価が高い飲み物になります。

栄養だけでなく、ミルクの濃厚なコクがスムージーの甘さを引き立てて飲みやすさも倍増です。

ただし、ダイエットには、低脂肪の牛乳を使ったり、低脂質で低糖質な豆乳割りにするなどの工夫が必要かも。

②炭酸水割り

水の代わりに炭酸水でスムージーを溶かすと爽やかでスッキリとしたジュース感覚の飲み物に。

また夏におすすめなのが、水で溶かしたスムージーを凍らせたものに炭酸水を注ぐ作り方。

徐々にスムージーが溶け出して、最後まで冷たさをキープしつつ美味しく飲めるドリンクレシピです。

③紅茶割り

冷たい飲み物ばかりを取ってしまうと、身体が冷える原因に。
そんな時は暖かい飲み物がおすすめです。

紅茶にスムージーをプラスすることで、紅茶のスパイシーな香りに、スムージーのナチュラルな甘みと香りが加わり、フルーツフレーバーティーのような仕上がりに。

紅茶に混ぜるだけなので、手軽でティータイムにもピッタリ。

④プラスヨーグルト

ヨーグルトにスムージーを混ぜるとドリンクの枠を超え、食べ応えのある一品に。

ヨーグルトのさっぱりとした味にスムージーの甘みがプラスされて美味しく食べられます。

スムージーの野菜や果物の栄養に、ヨーグルトの発酵成分が加わることで、より腸内環境を整え免疫機能を高める効果も。またグラノーラを加えれば、朝食にも最適です。

スムージーに関するQ&A

Q1.ダイエットに効果的な飲むタイミングは?

A1
代謝を助ける酵素が豊富に含まれるスムージー。
ダイエットにより効果的なタイミングとして、空腹時を意識するようにしましょう。
朝食前にスムージーを摂ると酵素が体内へ吸収されやすくなり、代謝UPに繋がることで、太りにくい体質へ。またカロリーが高くなりがちな夕食の代わりに置き換えることで、摂取カロリーを抑えることができ、ダイエットにも繋がります。

Q2.スムージーのカロリーはどれくらい?

A2
白ご飯の茶碗軽く一杯分が約240kcalに対し、スムージー自体のカロリーは、商品によって異なりますが、1杯20kcal~100kcal前後。比較すると半分以下とスムージーは非常に低カロリーと言えます。
ただし、人工甘味料などが含まれていると返って内臓脂肪が増えやすくなることもあるので、配合成分には注意が必要です。またスムージーと組み合わせる飲み物によってもカロリーは変動します。

Q3.スムージーと青汁の違いは?

A3
スムージー(グリーンスムージー)と青汁は見た目も似ていることから違いがよくわからないこともあるでしょう。
定義として青汁は、日本生まれのドリンクで、ケールや大麦若葉、明日葉などの単独で栄養価が高い野菜を中心に作られ、基本的に果物などはミックスされていません。
一方スムージーは、アメリカ発祥で様々な野菜や果物で作られた飲み物。どちらも野菜の栄養を余すことなく取り入れることができるドリンクですが、スムージーはフルーツなどを組み合わせることでより飲みやすく、また様々な素材を用いることで幅広い栄養素を取り入れることが可能です。

ダイエットにおすすめのスムージーまとめ

食事で多彩な食品を摂ることは、美容や健康にとって大切なこと。

しかし、忙しい中色々な食材を幅広く食事で摂るのは難しいですよね。

また現代人は特に野菜不足が指摘されています。

スムージーは、野菜やフルーツなど私たちの体づくりに欠かせない栄養素をサポートしてくれる協力なアイテムと言えるでしょう。

手軽に美味しく栄養補給ができるスムージーを、健康とスタイル維持の新習慣として上手に活用してみては?