ホワイトニング歯磨き粉おすすめ

ここでは、歯の黄ばみにお悩みの方に向けて、おすすめのホワイトニング歯磨き粉をランキング形式で紹介しています。

数ある商品の中から厳選して比較し、併せて歯のホワイトニングケアに役立つ情報もまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

様々なメーカーから販売されているホワイトニング歯磨き粉。

たくさんの中から、「これは!」という商品を選ぶには、どんなところをポイントにしたらいいのでしょうか。

含有成分

ホワイトニングケアを重視したい場合、まずホワイトニング効果のある成分がしっかり配合されているものなのかをチェックしてみましょう。

歯のホワイトニングに有効な成分
  • ポリリン酸ナトリウム
    →歯の表面についた着色汚れを浮き上がらせ除去し、さらに着色汚れの再付着も防ぐ効果あり
  • ハイドロキシアパタイト
    →歯を構成しているエナメル質の傷修復に優れ、着色汚れを歯へ付きにくくする効果あり
  • DL-リンゴ酸
    →強すぎない酸性のパワーで、しつこい歯の黄ばみや油汚れの除去に役立つ
  • マクロゴール400(ポリエチレングリコール400)
    →特に頑固なタバコのヤニ汚れを溶解し、除去する作用あり

    また、ホワイトニング成分だけではなく、虫歯や歯周病、歯茎の炎症など、歯磨きで行う本来のオーラルケアが行えるものかどうかも合わせて確認するのがおすすめです。

    研磨剤と発泡剤

    歯磨き粉には、一般的に「研磨剤」と「発泡剤」が配合されています。

    研磨剤とは、粒子によって歯の表面を研磨し、口内の汚れを削ぎながら除去する成分。

    そして発泡剤は、泡立ちを良くすることで、口腔内に有効成分を行き渡らせて、汚れを落としやすくするものです。

    研磨剤は、汚れの除去に優れている一方、歯のエナメル質を傷つけてしまうことも。
    研磨することで、歯の表面がざらつき、より着色汚れが付着しやすくなってしまいます。

    ホワイトニング効果を促したい場合は、研磨剤なしの歯磨き粉か、低研磨性のものを選ぶと歯へのダメージも少なくて済みます。

    また、発泡剤は、泡立つことで、汚れを落としたかのように錯覚してしまい、歯を磨く時間が短縮されてしまいがちに。

    ホワイトニングの歯磨き粉を選ぶ場合は、発泡剤が配合されていない、または低発泡のもの選ぶのがおすすめです。

    使用感

    歯磨き粉は毎日の使うものだからこそ、自分にとってベストな使用感のものを購入するのがおすすめです。

    例えば、フレーバー。口の中に入れるものだからこそ、使い心地がいいフレーバーを選びましょう。

    メントール成分が入っているものは、口内がスッキリとさせてくれますし、ミント系は爽やかな使用感に。

    キシリトール入りのものは、甘みを感じるフレーバーに仕上がります。

    また液体タイプやペースト状のものなど、歯磨き粉自体の形状や、使用タイミング、さらに容器タイプによっても使い勝手に違いが出てきます。

    専門の施術と違い、歯磨きで行うホワイトニングは、毎日の丁寧なブラッシングを積み重ねることが大切。

    歯の着色予防のためにも、継続的に使いやすいタイプのものをチョイスしましょう。

    ホワイトニング歯磨き粉おすすめ人気ランキング

    ではここで、口コミでも評価の高い、ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介します!

    *価格は、税込抜き価格が混在しています。また税率は、2019年10月以前のものとなりますので、参考程度とし、最新の情報を確認するようにしてください。

    ①はははのは

    価格 3,341円(定期特別価格:980円)
    内容量 30g
    市販購入 不可
    主な有効成分 ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム
    フレーバー ハッカ+キシリトール

    製薬会社と共同開発されたホワイトニング歯磨き粉の「はははのは」。ホワイトニングの有効成分をW処方することで、しっかりと着色汚れにアプローチ。またパパイヤの酵素成分や天然活性剤、植物性の保湿成分など、こだわりのオーガニック成分を配合。しっかりと洗浄作用を促すだけでなく、体にも優しい歯磨き粉へ。他にも口内清浄や口臭予防など、オーラルケアもバッチリ。研磨剤なしの歯にも体にもやさしいアイテムになっています。

    ②Hokoro(ホコロ)

    価格 8,000円(定期特別価格:3,980円)
    内容量 25g
    市販購入 不可
    主な有効成分 ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、ハイドロキシアパタイト
    フレーバー ハッカ+キシリトール

    「Hokoro(ホコロ)」の歯磨き粉は、ホワイトニング成分や植物由来エキス、さらに歯の補修成分を贅沢に配合することで、着色汚れへ段階的にアプローチ。また天然成分に加え、再生医療や美容業界からも注目を浴びているヒト幹細胞培養液を配合することで、美しい口元に欠かせない健康的な歯をキープしてくれます。おしゃれでスッキリしたパッケージは、持ち運びのしやすさも抜群です。

    ③薬用ちゅらトゥースホワイトニング

    価格 5,980円(定期特別価格:3,980円)
    内容量 30g
    市販購入 不可
    主な有効成分 リンゴ酸、ポリアスパラギン酸
    フレーバー キシリトール+メントール

    口コミサイトの@コスメでも高評価を獲得したことがある「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」。ホワイトニングに有効な成分をしっかり配合することで、着色汚れを吸着、浮かして除去。またリンゴ酸やビタミンCなど天然由来の成分で、歯の汚れや黄ばみを優しく洗い流しながら、再付着の予防に効果を発揮。さらに新成分のGTOで、歯茎の炎症や虫歯のリスク、口臭軽減効果を促すなど、トータルでオーラルケアがしやすい歯磨き粉です。

    ④オーラパール

    価格 2,160円
    内容量 75g
    市販購入 不可
    主な有効成分 ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400
    フレーバー マリンミント

    製薬会社が開発した薬用歯磨きの「オーラパール」。研磨剤で着色汚れを除去するのではなく、歯の表面が傷つくことで着色汚れが進みやすいポイントに着目。エナメル質の補修と美白を促す成分を配合することで、着色汚れを効果的に除去し、滑らかさをUPさせ、白くツヤのある歯へ。さら9つの有効成分が、健康的な歯茎の促進や口臭予防へしっかりアプローチしてくれます。

    ⑤Dr.オーラル ホワイトニングパウダー 26g 天然アパタイト40%配合

    価格 1,300円
    内容量 26g
    市販購入
    主な有効成分 ヒドロキシアパタイト、ポリリン酸
    フレーバー ミント、シトラス

    「Dr.オーラルホワイトニングパウダー」は、パウダーでブラッシングするという新感覚の歯磨き粉。配合されている非常に細かい粒子の天然アパタイトが、歯の隙間など隅々にアプローチ。強力な吸着力で、しつこい着色汚れをしっかりキャッチしてくれます。さらにホワイトニングの有効成分で歯をコーティングし、汚れの再付着もきちんとガード。低発泡タイプなので磨きやすく、爽やかな2種類のフレーバーがあり、自分の好みで選べるのも○。

    ⑥薬用パールホワイトプロEXプラス

    価格 7,980円(定期特別価格:1,980円)
    内容量 30ml
    市販購入 不可
    主な有効成分 ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、DL-リンゴ酸
    フレーバー メントール

    製薬会社と共同開発された歯磨き粉の「薬用パールホワイトプロEXプラス」は、歯の美白有効成分を3種類も配合。しっかりと着色汚れや黄ばみ・油汚れを除去し、再着色も防いでくれます。他にも口内環境悪化に影響する歯垢にも効果を発揮。また天然由来の成分を取り入れることで、気になる歯周病や口臭予防も。歯磨き後に、スポイドで適量取り出し、ブラッシング。使い方も簡単なホワイトニングケアアイテムです。

    ⑦アパガード(APAGARD)Mプラス125g

    価格 1,280円
    内容量 125g
    市販購入
    主な有効成分 ハイドロキシアパタイト、マクロゴール400
    フレーバー マイルドミント

    手軽なホワイトニングケアとして人気の「アパガード」。Mプラスシリーズは、独自にナノ化した薬用成分で口内の歯垢を吸着・除去。さらに歯のエナメル質の修復や再石灰化を促進し、歯面を滑らかで健康な状態へ。またタバコのヤニにも効果的な成分も配合。ドラッグストア等で手軽に購入でき、他のホワイトニング歯磨き粉より安い価格も魅力です。2WAYキャップを採用するなど使い勝手もよく、コスパ的にも○。

    ⑧薬用シュミテクト トゥルーホワイト

    価格 1,100円
    内容量 80g
    市販購入
    主な有効成分 ポリリン酸ナトリウム
    フレーバー ミント

    「薬用シュミテクトトゥルーホワイト」は、歯がシミる知覚過敏の人向けのホワイトニング歯磨き粉。研磨剤なしでも着色や歯垢を化学作用で浮かせ、除去できる有効成分で、歯や歯茎に優しくホワイトニング出来ます。もちろん、配合されている硝酸カリウムで歯がシミるのを防ぎ、つらい知覚過敏の症状を和らげる効果も。また高濃度フッ素配合なので、虫歯予防などのオーラルケアもバッチリです。ドラッグストア等でも手軽に購入できるのも○。

    ⑨GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト

    価格 1,830円
    内容量 100g
    市販購入
    主な有効成分 ポリエチレングリコール400
    フレーバー キシリトール+ミント

    歯医者使用の医療器具を扱っているメーカーが開発した「ルシェロ歯磨きペーストホワイト」は、弱アルカリ性のペーストが歯にしっかり密着&高濃度のLime粒子と薬用成分で、効果的に着色やタバコのヤニ汚れへ作用してくれます。さらにフッ素成分を配合することで、歯の再石灰化を促し、虫歯の発生や進行抑制にも効果が高く、トータルなオーラルケアで白い歯を目指せるアイテムです。

    ⑩Ora2(オーラツー) プレミアム ステインクリア 歯みがき [ プレミアムミント ]

    価格 400円
    内容量 100g
    市販購入
    主な有効成分 ポリエチレングリコール
    フレーバー プレミアムミント

    オーラルケア商品を数多く扱っているSUNSTAR(サンスター)から、発売されている歯磨き粉、「Ora2(オーラツー)プレミアムステインクリア」。シャイニーホワイト成分と清掃剤のWパワーで、ステインをきめ細かく除去。またシャリ感のある粒子で、歯の表面を丁寧に磨くことで、ワンランク上のホワイトケアが目指せます。ドラッグストアなどでも手軽に購入できるうえ、毎日の歯磨き習慣に活用できる安い価格も○。

    おすすめのホワイトニング歯磨き粉比較一覧表

    1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
    商品
    価格 3,341円
    (定期特別価格:980円)
    8,000円
    (定期特別価格:3,980円)
    5,980円
    (定期特別価格:3,980円)
    2,160円 1,300円 7,980円
    (定期特別価格:1,980円)
    1,280円 1,100円 1,830円 400円
    タイプ 液体 ペースト 液体 ペースト パウダー 液体 ペースト ペースト ペースト ペースト
    研磨剤 なし なし なし なし あり なし あり なし あり あり
    発泡剤 なし なし なし あり あり なし あり あり あり あり
    市販購入 × × × × ×
    購入ページ コチラ コチラ コチラ コチラ コチラ コチラ コチラ コチラ コチラ コチラ

    効果的な歯磨きの方法

    ホワイトニングの歯磨き粉を取り入れるだけでなく、ブラッシングの仕方も白い歯を保つには、重要な要素。

    よりホワイトニングを効果的にする歯磨き方法をまとめてみました!

    歯磨き前準備

    • 歯磨きのタイミングは、毎食後こまめに行うのがベスト。
    • 歯ブラシは、ヘッドが小さ目のものがおすすめ、また毛の硬さは、普通もしくは柔らかめのものを選ぶと強すぎない力で丁寧に歯磨きが行えます。
    • ブラッシング前には、水で口内をゆすぎ、食べカス等を予め取り除いておきましょう。

    ブラッシング方法

    • 歯磨き粉を歯ブラシに付ける前に、軽く歯をブラッシングしておきましょう。
    • 歯磨き粉は、歯ブラシのヘッド三分の一程度に塗布するのが適量。
    • 柄の部分は、鉛筆を持つように持ち、歯ブラシは軽い力加減で小刻みに動かしましょう。
    • 歯ブラシを横に動かすよりは、歯の1本1本を磨ける縦磨きがおすすめ。
    • 着色汚れがつきやすい歯の裏側や歯間は特に意識しながら磨くこと。
    • 歯磨きタイムは、1ヶ所20回程度ブラッシングし、全体で約2分~3分ぐらいの時間はかけましょう。
    • 歯ブラシ以外にも、フロスや歯間ブラシ・部分ブラシなどを併用して隅々まで磨き上げると○。

    ブラッシング後

    • 水を口に含み、軽く(1~2回程度)ゆすぐようにしましょう。
      *何度も水でゆすいでしまうと、ホワイトニング効果の成分が洗い流されてしまうので注意!
    • 歯ブラシは、1ヶ月に1本を目安に。

    また、特に着色汚れがつきやすい飲食物を摂取した直後は、しっかり汚れを落とすように歯磨きをすることが大切。

    もし、歯磨きが出来ない場合は、水で口腔内をゆすぐか、水を飲むようにするだけでも着色を極力抑えることが出来ます。

    歯が黄ばむ理由

    そもそも歯が黄ばんだり、くすんだりする原因は、どんなものがあるのでしょうか。

    歯が着色する原因は、外的なものと内的なものがあると言われています。
    歯の黄ばみや、くすみの要因として一般的なものは、以下の通りです。

    ①歯垢(しこう)や歯石

    歯磨きでの磨き残された汚れ等が歯垢となって歯に付着し、蓄積していくと歯石になります。

    そこへさらに汚れが付き、どんどんと溜まっていくことで、歯が黄ばんだ状態に。

    ②飲食物

    主にポリフェノールを含む食材や色素が強い食品を摂取することで、歯のタンパク質と結びつき、着色が起こります(=ステイン)。

    歯に着色しやすい成分を多く含んでいるものの例として、コーヒーや紅茶、お茶、ワインなどの嗜好品やカレー、トマトソース、グレープなどです。

    ③タバコ

    タバコを反復的に摂取すると、タバコに含まれるヤニ(タール)が歯の表面や歯茎に染み付き、着色汚れとなります。

    またタバコのニコチンは、歯垢の付着や歯茎の血行不良を進行させてしまい、口内環境の悪化にも。

    ④加齢

    歯は、象牙質の周りをエナメル質が覆うようなに形成されています。

    加齢により象牙質の黄色味が増すと同時にエナメル質が磨耗していくので、より黄ばみが目立つように。

    他にも栄養不足による歯の形成不全や、薬の影響(漢方・うがい薬)など、原因は様々です。

    このような歯の着色原因を意識し、まず生活習慣を見直すことで、歯の着色汚れを予防したり、軽減する一歩になります。

    参考文献

      ホワイトニング歯磨き粉まとめ

      歯の黄ばみやくすみの原因を生活から全て取り除くのは、難しい・・・。

      そんな時は、ホワイトニング歯磨き粉を毎日の歯磨きに取り入れてみるのも一つの方法です。

      ホワイトニング歯磨き粉の効果と丁寧なブラッシング、そして毎日の生活習慣をちょっとだけ見直してみましょう!

      そうすれば、口元を気にせず、もっと自信を持って笑顔で過ごせる時間が増えるかもしれませんよ。

      この記事が気に入ったら
      フォローしよう

      最新情報をお届けします

      Twitterでフォローしよう