バストアップやワキガなどの女性悩み解決マガジン~Karada Life(カラダライフ)

ダイエット、バストアップ、スキンケア、ニキビ、脱毛、体臭、ワキガ、性病などの悩みを解決するマガジン

*

夏の髪の毛のダメージを持ち越さない!家でできる髪の毛の手入れ法とは?

      2017/04/26 556views

女性が魅力的に見える3つの最大ポイント。

それは、肌・髪の毛・爪と言っても過言ではありません。顔やスタイルの良し悪しは個人で差が出ますが、この3つのポイントは自分の努力次第でどうにでも手に入れられるものです!

逆に言えば、どんなに顔立ちが綺麗でも肌・髪の毛・爪がきちんと手入れが行き届いていないと貧相で、ガサツな印象を与えてしまいます。

その中でも今回、夏になるとどうしてもダメージを受けやすい髪の毛について艶の取り戻し方やお手入れの方法をご紹介したいと思います!

これから秋に向けての準備、始めて行きましょう!

夏になるとどうして髪の毛のダメージが大きくなるの?

髪の毛 ダメージ ツヤ ケア 紫外線 乾燥

まずは、なぜ夏に髪の毛へのダメージが大きくなるのかその原因を探ってみましょう!

髪の毛は傷みやすく、夏だけでなく秋から冬にかけて、乾燥にも弱いので年中手入れが必要なパーツです。

しかし秋から冬にかけて保湿しているのにも関わらず、全然潤いが取り戻せない人も多いと思います。実はそれ夏に受けた髪の毛のダメージを放置していた結果なのです!

髪の毛 ダメージ ツヤ ケア 紫外線 乾燥

髪の毛というのは、キューティクルが髪の毛を覆おっていてそれが水分量や栄養分が外に漏れないように守ってくれているというのは皆もう知っているかと思います。

このキューティクルが剥げる原因となるのが、乾燥、紫外線、栄養不足などです。

実は紫外線を浴びることにより乾燥を促進してしまうんです!加えて夏は栄養不足に陥りがち。暑くてだるいので食欲は落ちますし、栄養よりも冷たいものや食べやすいものなど食感に頼ってしまいつい栄養不足になりやすいのです。

こんなダメージ受けまくりの状態で、秋や冬を迎えてしまうと乾燥やパサつき、静電気の影響を受けまくるダメージヘアのまま過ごす羽目になってしまうのです・・・。

乾燥してしまった髪の毛のケアをするには?

髪の毛 ダメージ ツヤ ケア 紫外線 乾燥

ダメージを受けてしまった髪の毛にツヤを取り戻すには、内側から栄養を取って毛根から栄養を送る方法と、外側からキューティクルがこれ以上広がらないように保湿したり栄養を直接送る方法とあります。

まず内側から栄養を取るには、髪の毛を生成するのに重要なタンパク質を積極的に摂りましょう!

今は、髪の毛のためのサプリメントなどもありますので上手に使っていきましょう。

髪の毛 ダメージ ツヤ ケア 紫外線 乾燥

ドライヤーをする前やスタイリングするときはオイルをつけて髪の毛をコーティングし、髪を熱や外部からの刺激から守ってあげましょう。

髪の毛の表面のキューティクルは薄い膜で摩擦や乾燥にとても弱いのでオイルで膜をつくりキューティクルが剥がれないようにしましょう。
ドライヤーで熱を与えるときは後ろから前へ、上から下へとあてるのがコツです。

髪の毛 ダメージ ツヤ ケア 紫外線 乾燥

これから乾燥が厳しくなる季節の前に、髪の毛のケアをしておいて寒い時期でもサラツヤヘアーでいられるようにしましょう!

 - ヘアケア , ,