カラダライフ(Karada Life)~女性のカラダの悩み解決マガジン

ダイエット、バストアップ、スキンケア、ニキビ、脱毛、体臭、ワキガ、性病などの悩みを解決するマガジン

*

デリケートゾーンの臭いで悩む女性急増!なぜ現代人はアソコが臭い?原因調査

      2017/08/07 523views

デリケートゾーンが臭い!と悩んでいませんか?
女性の内、9割もの人がデリケートゾーンの臭いが気になったことがあるそう!

ちゃんとお風呂にも入ってるし、お手入れもしているのに臭う原因は何でしょう?

今回は、デリケートゾーンの臭いの主な原因について探ってみました!

デリケートゾーン臭いケアのコンテンツ
1.デリケートゾーンの臭いの原因
2.デリケートゾーンの臭いの対策
3.デリケートゾーンの臭いケア人気商品

デリケートゾーンの臭いの主な原因は雑菌!

デリケートゾーンについて何らかの悩みを持っている、という女性は多いでしょう。とりわけ臭いが気になる人は、日常生活の中で他人に伝わってしまうのではないかという心配を抱えているといえます。

女性の場合はおりものが原因の場合も

ある程度の臭いは誰にでもありますが、女性の場合は生理前におりものの量が増えたりすると、臭いが強くなるので不安になるものです。

デリケートゾーンが強い臭いを発する主な原因は、雑菌にあります!

人間の体には、もともとある程度の雑菌がいるものですが、この雑菌が異常に繁殖すると強い臭いを発することになるのです。

この臭いは人によってさまざまで、生臭い臭いであったり、また、酸っぱい臭いであったり、さらにワキガのような臭いがするケースもあります。

女性が男性よりデリケートゾーンの臭いがキツイ理由

なぜ女性の方が、デリケートゾーンで雑菌が過度に繁殖してしまうのかというと、その原因としてまず挙げられるのは、通気性の悪さです。

特に女性は、パンティストッキングやタイツを着用することが多いため、男性よりもデリケートゾーンが蒸れやすくなります。

その上、生理中になるとナプキンでより蒸れやすいため、雑菌が繁殖しすぎる状態になるのです。

そのほかに、デリケートゾーンには雑菌の栄養となるものが多いことも、雑菌が異常繁殖する原因のひとつです。

臭いの原因となる雑菌は、

  • 尿
  • 経血
  • おりもの

などを餌として繁殖します。

その中でもおりものは、たんぱく質が豊富なので雑菌にとっては格好の餌となります。

そのせいで、生理前におりものの量が増えると臭いが強くなってくるのです。

また、デリケートゾーンにはアポクリン腺という汗腺が多く分布しています。

そこから分泌される汗が雑菌の餌となるとともに、デリケートゾーンを高温多湿な状態にしてしまうのです。

食生活や体質が臭いの原因になる場合も!

毎日というわけではないのだけれど、ときどき、デリケートゾーンの臭いが気になるという人の場合は、普段の食生活が原因とも考えられます。

デリケートゾーンの臭いも体臭のひとつです。

そのため、体の臭いが強くなるようなものを多く食べていると、デリケートゾーンの臭いも強くなる可能性があるといえます。

肉類や香辛料好きな人は要注意?!

体臭が強くなってしまう食べ物として有名なのは、肉類や香辛料です。

肉類は、腸の中にいる悪玉菌を繁殖させる原因となります。

香辛料は、胃や腸で消化する際に亜硫酸ガスを発生させながら血液の中に取り込まれます。

その際に亜硫酸ガスの刺激臭が毛穴などから体の外へ分泌され、強い臭いを放つ場合があるのです。

それから、脂肪分の多い食べ物の摂りすぎも注意が必要です。

脂肪分の多い食事は体の中に皮脂をためこみやすくします。

体内に皮脂がたまると酸化することで体臭がきつくなります。

ニオイが強いもの=体臭になる場合も

そのほかに、ニラやニンニク、アルコールといったものも体臭を強くするので、臭いが気になる人は控えたほうがよいでしょう。

デリケートゾーンから発する臭いが「ネギのような臭い」や「納豆のような臭い」の場合には、食生活ではなく「すそわきが」の可能性もあるといえます。

これは、ワキガのひとつで、デリケートゾーンに分布しているアポクリン腺から分泌される汗と通常の汗が混ざり合うことで強烈な臭いとなるものです。

すそわきがは、デリケートゾーンという通気性が悪く蒸れやすいところで生じるため、通常のワキガよりもより強烈な臭いを発することがあります。

もしも、臭いの原因が、すそわきがであるならば美容外科などで治療することができるので、気になる人は病院で診察を受けてみるのもよいでしょう。

デリケートゾーンの臭いは病気のサインかもしれないので気をつけて!

必ずしもデリケートゾーンの臭いが病気と関係があるとは限りませんが、強すぎる臭いは婦人科系の病気のサインともいえます。

おりものに変化があった時は病気を疑う

特におりものの量が急に増えた場合や色が変わってきた場合、また、臭いが急に刺激臭になった場合は注意が必要です。

そのような場合には、「子宮頸がん」や「子宮内膜炎」になっている可能性も考えられます。

そのほかにも、細菌が原因による感染症として「細菌性膣炎」や「カンジダ膣炎」が挙げられます。

「細菌性膣炎」はストレスや疲労によって免疫力が低下してしまったり、ナプキンを長時間つけたままにしておいたりすることで発症しやすくなるので気をつけることが大切です。

同様に「カンジダ膣炎」も免疫力の低下などが原因となって発症します。

デリケートゾーンは洗い方が重要

入浴の際に膣の中を過剰に洗いすぎると膣内の乳酸菌が減少してしまうため、この病気になることがあります。

したがって、デリケートゾーンを洗うときは注意が必要です。

さらに、おりものが灰色や黄色になり、強い臭いを併発するようになった場合には早めに医師に診察してもらうようにしましょう。

「細菌性膣炎」や「カンジダ膣炎」とは別に、主に性行為が原因で感染する病気として「淋病」や「クラミジア」、「トリコモナス膣炎」などがあります。

このような病気にかかると、おりものの色が緑色や黄色に変わってきたり、かゆみを感じたり、そして性行為のときに痛みをともなったりします。

ただし、こういった病気は病院に行って治療すれば完治するので、思い当たる人は恥ずかしがらずに診察を受けることが大切です。

それでも病院に行くのが不安だという人は、専用の検査キットも売られていますので、まずはそういったものを試してみるのもよいでしょう。

デリケートゾーンの臭い対策と解消法とは?

デリケートゾーンの臭いの対策と解消法として挙げられるのは、デリケートゾーンを清潔に保つことです。ただし、洗いすぎたり、強くこすりすぎたりしてしまうと、それが原因で「カンジダ膣炎」などを引き起こすので注意が必要です。

デリケートゾーンの皮膚は薄く繊細な部分なので、洗う際にはしっかりと泡立ててから、指の腹の部分を使って優しくていねいに洗うように心がけます。

デリケートゾーンの正しい洗い方

 

前から順に、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分と洗っていき、最後に肛門の順に洗っていくとよいでしょう。

陰毛は、根元の肌をマッサージするようにしっかり洗い、最後に手で軽く毛の流れに逆らう様にひっぱり、抜ける毛は抜いてしまいます。

他の体毛と同じく周期的に抜けるものなので、こうすることでショーツに抜け毛がつくのを抑えられます。

引用元:スキンケア大学

特に大陰唇や小陰唇の溝の部分には恥垢や汚れがたまりやすく、シャワーなどでさっと流しただけでは落ちないため、入念に洗い落とすようにしましょう。

お風呂できれいに洗浄した後は、ストッキングや合成素材のような通気性の悪い下着を身につけることを避け、綿のように通気性の良い下着を身につけます。

デリケートゾーンを清潔に維持するために、下着やナプキンが汗やおりもので汚れてしまった場合は、こまめに取り替えるようにしましょう。

それから、タンポンを膣内に置き忘れてしまった場合や、コンドームの破片が膣内に残っている場合も臭いの原因となるので気をつけることが大切です。

清潔に保つこと以外の臭い対策としては、ヨーグルトを食べるという方法があります。

その理由は、ヨーグルトにはプロバイオティックという善玉菌を体内に取り入れる働きがあり、この善玉菌の不足が「カンジダ膣炎」の症状の原因となるからです。

さらに、「カンジダ膣炎」の症状が始まったときの対策として有効なだけでなく、予防効果も期待できます。

また、りんご酢の中に浸かるのも効果的といえる方法です。

お風呂のお湯の中に12カップのりんご酢を加え、20分ほど浸かるとお酢の成分が膣内の臭いの原因となる雑菌を取り除いてくれます。

デリケートゾーン専用の石鹸を使うのも対策のひとつ

清潔なデリケートゾーンを維持するためにはまず、入浴時にきちんと洗うことが大切だといえます。

しかし、その際に気をつけるべきポイントは、ボディソープや石鹸を使うと、かえって臭いの原因になる可能性があることです。

市販されているボディソープや石鹸は、体全体を洗うことを目的として作られています。

そのため、そこに含まれている、いろいろな成分がデリケートゾーンとっては刺激が強すぎるものもあるからです。

とはいっても、ボディソープや石鹸を使わずにお湯だけでは、なかなか汚れを洗い落とすことができません。

そこで、対策として挙げられるのは、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することです。

デリケートゾーン専用石鹸はさまざまなものが市販されており、その多くが天然植物由来の洗浄成分を配合しています。

普通のボディソープや石鹸との大きな違いは、それらが「アルカリ性」であるのに対して、デリケートゾーン専用石鹸は「亜弱酸性」であることです。

さらに、強い香りによって臭いを消臭するのではなく、原因となる雑菌だけを殺菌する作用があります。

ただし、商品によっては殺菌作用がなく香りだけのものもあるので、成分に

  • ミョウバン
  • ジャムウ
  • アロエ

などが含まれているかをしっかりとチェックしましょう。

デリケートゾーン専用石鹸は、使い続けることで臭いや発病の予防にもなります。

しかも、刺激の弱い成分でできているため、生理中でも安心して使用できる上に臭いが気になる体のほかの部分にも使うことができます。

それから、臭いの原因菌を殺菌する効力がある「臭い対策」のものだけでなく、「かゆみ対策」や「黒ずみ対策」のものもあります。

それぞれ配合されている成分が異なるため、目的に合ったものを選ぶようにしましょうね!

デリケートゾーンの臭いの原因についてまとめ

今回は、デリケートゾーンの臭いの原因について紹介しました。

女性は生理や下着の問題で、特にデリケートゾーンの臭いがきつくなりがちなので注意が必要ですね!

放っておくと病気の原因になる場合もあるので、なるべく早く対処できるようにしましょう!

デリケートゾーン臭いケアのコンテンツ

1.デリケートゾーンの臭いの原因
デリケートゾーンの臭いで悩む女性急増!なぜ現代人はアソコが臭い?原因調査
2.デリケートゾーンの臭いの対策
おすすめデリケートゾーンの臭いケア3選!彼氏や旦那に嫌われる前に対策
3.デリケートゾーンの臭いケア人気商品
デリケートゾーンの臭い対策で人気のケア商品ランキング!ネット通販なら他人にバレずにケアできる!

ライタープロフィール

maiko*
  • 年齢 : 32
  • 出身 : 京都
  • 職業 : 美容ライター
  • 趣味 : 美味しいコーヒーを淹れること・カメラ・猫

化粧品販売員の経験あり。化粧品やコスメの知識を活かしてライターをやっています。年中痩せたい症候群ですけど一向に痩せません(泣)トレンドや話題の美容法をたくさん発信していきます!

 - デリケートゾーンの臭い , , , ,

This site is protected by wp-copyrightpro.com