カラダライフ(Karada Life)~女性のカラダの悩み解決マガジン

ダイエット、バストアップ、スキンケア、ニキビ、脱毛、体臭、ワキガ、性病などの悩みを解決するマガジン

*

まだ間に合う!お腹痩せダイエットを成功させるためのコツ大公開♡

    1,071views

お腹って気付いたらポッコリしていますよね・・・。便秘でもないのにポッコリしていると絶望的な気持ちになり、露出の多い夏場などは外を歩きたくないとも思ってしまいます。

そうした女性はとても多いので、お腹痩せダイエットがとても人気になっています。どのような方法を使えば、お腹痩せのダイエットが成功できるのでしょうか?

お腹痩せダイエットで肝心なコト

これを知っておけばダイエットが楽ちんに?

お腹痩せダイエットをするにあたって、特に重要なのが「運動」ですね。お腹がポッコリしているということは内臓脂肪が多め。ということはカロリーを消費して脂肪燃焼を助けなければいけません。

それには基礎代謝を上げることが必要不可欠です。基礎代謝をあげるには筋肉量を増やすのが手っ取り早いため、お腹痩せダイエットをしたいならば必ず「運動」は必要となってくるんですね。

ae9c180bcef5f8186278624941e47d22画像 https://jp.pinterest.com/

2つの運動を取り入れる

上手に取り入れることでスッキリお腹に

運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」の2つがあります。脂肪燃焼をするのであれば、有酸素運動が必要ですが、お腹を痩せたいのであればこの2つを上手く取り入れることが大切です。

無酸素運動に代表されるのは筋トレです。基礎代謝を上げるために筋肉をつける必要があるというのは先ほど紹介した通りです。

有酸素運動は「ウォーキング」が代表的でしょう。こちらは20分間続けることによって脂肪が燃焼されていきます。

この2つは違った目的を持っているので、それぞれの特徴を理解してダイエットに取り組むようにしましょう。

256dc5ea43c3db6afbbde4e2bb26d1fb画像 https://jp.pinterest.com/

■腹筋運動のやり方

重点的に攻めたいならば

お腹周りの肉を減らすために、腹筋運動は非常に重要です。しかしいきないはじめるのは腰に負担をかける恐れがあるので、オススメできません。

まずは仰向けに横になり、膝を80°ぐらいにして両足を少しだけ浮かし10秒キープします。このときに息を止めず、腹筋に力が入っていることを意識しながら続けていきましょう。

これをできれば5セットしてください。慣れてきたら回数を増やすか、通常の腹筋をするなどして負荷を強めていきましょう。

b134a817a0470e3e4945332013b1bcaf画像 https://jp.pinterest.com/

ウォーキングの正しい姿勢

有酸素運動でじっくりと

有酸素運動であるウォーキングは、正しい姿勢が一番大切です。猫背でダラダラ歩いていては効果は半分以下になってしまいます。

同じ時間を使うのであれば、効率よく脂肪を燃焼させたいですよね。まずは姿勢を正して、アゴを引きます。肩の力を抜き、腰の位置が上下にずれないように意識をします。

肘は軽く曲げて、肩から動かすイメージを持ち、膝はできるだけ曲げないように。足は腰から運ぶイメージで。

これがなれてくれば、正しい姿勢でのウォーキングが成功します。20分間を3セットできれば行い、十分に脂肪燃焼をしていきましょう。
お腹痩せダイエットは、筋トレとウォーキングの組み合わせが大切です。やり方について紹介をしましたので、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

【関連記事】

脚痩せに成功した2人のダイエット法が思ってたより普通の事だった♡
今話題の”ココナッツハイパードン”キレイのパワーを持ち歩こう

 - ダイエット, 簡単ダイエット , , , ,