骨盤の歪みが下半身太りを促進?!整体より簡単に治す方法があった!

日頃から、頭痛や肩こり・腰痛などに悩まされているという人や、下半身が太っている・ダイエットをしてもなかなか結果が出ないという人!

もしかすると、その原因は骨盤の歪みにあるかもしれませんよ!

骨盤が歪んだままだと、いくらダイエットを頑張ったり、整体に通ったとしてもその努力は水の泡に…。

そこで今回は、骨盤が歪んでしまう原因骨盤の歪みを簡単に治す方法をピックアップ!

骨盤の基礎知識を高めて、健康的で綺麗な体を手に入れましょう♪

▼履いただけで骨盤矯正ができると話題のショーツはこちら▼

SES骨盤ショーツで下半身痩せ出来るのは本当?効果と口コミを検証!

2017.08.18

骨盤の歪みを放っておくと…

様々な体の不調を引き起こす骨盤の歪み。でも、実際に自分の骨盤が歪んでいるかどうかなんて、自分で判断しづらいですよね。

そこでまずは、下のセルフチェックを行ってみてください。下の10項目のうち、あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 足を組まないと落ち着かない
  • カバンを持つ手がいつも同じだ
  • 左右の肩の高さが違う
  • 左右の足の長さが違う
  • 靴のかかとの減り方に、左右差がある
  • 目を閉じて直線の上を歩くと、左右どちらかに行ってしまう
  • 目を閉じて片足立ちを10秒以上できない
  • 休めの姿勢をとると左右のどちらかがやりにくい
  • 壁に背中をつけて立つと、腰と壁との隙間にこぶしが入る
  • 壁を背にして立つと腰と壁が密着している

皆さんは、いくつ当てはまりましたか?

2つ以上当てはまった人は、骨盤が歪んでいる可能性があるそう。この状態をそのまま放置していると、下のような症状が現れてしまうようです。

  • 頭痛 
  • 腰痛
  • 冷え
  • むくみ
  • 下半身太り
  • 生理不順
  • 不妊
  • 顔の歪み
  • 肺呼吸が弱くなる
  • 内臓臓器が弱くなる

こんな生活習慣で骨盤は歪む

骨盤は、仙骨と左右2つの寛骨の3つで構成されています。

この骨盤の周りには、大小さまざまな筋肉や靭帯、腱などが取りまいていて、本来ならば歪みが発生しにくい場所。

歪んでいる場合も、値は0.3数ミリから最大1センチ程度と言われています。

このほんのわずかな歪みが、上のような様々な不調を引き起こすと考えると、なんだか怖いですよね。

歪みにくい部位だけに、日ごろ身に付いた誤った生活習慣が歪みを引き起こしていると考えると、地道にその生活習慣を正すしかないのでしょうか…?

まずは、どのような習慣が骨盤の歪みとつながるのかを見ていきましょう。

日常的なクセによる骨盤の歪み

骨盤の歪みは、まず下のような日常的なクセによって引き起こされているケースが考えられます。

  • バッグを一方の肩にかけるクセがある
  • ハイヒールなど、かかとが高い靴を頻繁に履いている
  • 食事の際、片方だけで物を噛むクセがある
  • 気が付くと足を組んでいる
  • 片膝を立てて座ることが多い
  • 同じ足に体重をかけて立つことが多い

このように、日ごろ行っている何気ない仕草が積み重なって、骨盤の歪みが生じてしまうよう。

そのため、上のような誤ったクセは日頃から意識して正すようにしましょう。

姿勢の悪さによる骨盤の歪み

猫背の人や腰が反っている人、左右どちらかの肩が上がっているという人は、骨盤の歪みを助長させるだけでなく、腰痛や肩コリ、視力低下なども引き起こしやすいと言われています。

まずは日頃の自分の姿勢がどうなっているかを把握し、日ごろから正しい姿勢をキープできるように心掛けてみてください。

出産による骨盤の歪み

女性の場合、骨盤の歪みの大きな原因として考えられるのが「出産

出産で骨盤が大きく開き、ゆるんでしまうことで、骨盤は歪みが生じやすくなります。

通常は産後3~4ヶ月で元の位置に戻ると言われていますが、妊娠・出産で骨盤のバランスが崩れてしまっていると、正常な位置に戻るのは難しいようです。

また、産後は慣れない育児や授乳などで身体や生活のリズムが崩れがちに。このようなことも、骨盤の歪みを助長させやすいと言われています。

そのため、産後はできるだけ骨盤が元の位置に戻ることをサポートしてくれる骨盤ベルトを着用するなど、自分でできるケアはしっかり行うようにしましょう。

骨盤の歪みを治す方法

骨盤の歪みの原因は、日ごろの間違った生活習慣のほか、出産などが原因であることが分かりました。では次に、自分で簡単に骨盤の歪みをケアできる方法についてみていきましょう!

ストレッチをする

骨盤の歪みと聞くと、整体などで“ボキボキッ”としてもらうことで治るイメージがありますが、実はストレッチが効果的なんです。

ストレッチなら、わずかなスペースと少しの時間があれば、どこでも簡単に実践できるからおすすめ。ここでは、特に簡単にできるおすすめのストレッチ法をいくつか紹介します。

足左右倒しストレッチ

  1. 仰向けで寝た後、膝を90度に立てます(足の裏は床につけたままの状態です)。
  2. そして、腰が浮かないように意識しながら、膝を右側にゆっくりと倒していきます。
  3. 膝が床についたら、そのままの状態を3分ほどキープします。
  4. ゆっくりと、①の状態に戻していきます。
  5. 今度は、反対の左側に膝を倒し、床に膝がついたら3分ほどキープ。これを3~5セットほど続けていきます。

お尻フリフリストレッチ

  1. うつ伏せに寝て、全身の力を抜きリラックスします。
  2. お尻に意識を集中させ、フリフリと左右に振ります。この時、背中や足が一緒に動いてしまわないように気を付けましょう。これを3分ほど続けます。
  3. 次に、うつ伏せの状態のまま、お尻全体を両手でポンポンと叩きます。これを1分ほど続けておしまいです。

お尻歩きストレッチ

  1. 足をまっすぐのまして床に座り、背筋を伸ばします。
  2. 腕を胸の前交差させた状態で、お尻だけで10歩前進。その後10歩後退します。この動きは3分~5分続けてください。
  3. 次は、胸の前で交差させた手を上に上げ、万歳の状態でまたお尻だけで10歩前進、その後10歩後退してください。

エアフラフープストレッチ

フラフープを使わずに、フラフープをしているイメージで行うのがエアフラフープストレッチです。

  1. 足を肩幅程度に開いて立ちます。その際、内股・外股にならないように、まっすぐ前を向けて立ちます。
  2. フラフープを回すイメージで、骨盤が床と水平を保つようにぐるぐるとまわします。
  3. 右に30回、左に30回回したら終わりです。

ヒップアップの効果大ストレッチ

骨盤の歪みをケアすると同時に、ヒップアップも叶う一石二鳥のストレッチです。

▼自力で骨盤の歪みを矯正するストレッチ動画▼

  1. 両膝を上げた状態であおむけに寝転がる。
  2. 手は手のひらを床につけて体に沿うように伸ばしておく。
  3. 両肩と両腕と足裏で床を押さえるようにして体を支え、お尻の筋肉を中央に寄せるように​力を込めながら太ももから腰を床から上げる。
  4. デコルテから膝まで一直線になるように姿勢を意識する。
  5. お尻をあげたまま3秒間キープ、戻して1015秒リラックスを3セット繰り返す。
  6. これらのストレッチは、できれば毎日続けるのがベスト。起床後や入浴後…など、自分で時間帯を決めておくと、忘れずに実践しやすいでしょう。忙しくて毎日できないという人は、最低週2~3回は実践するようにしてください。

骨盤まくらを活用する

骨盤まくらは、頭ではなく腰の下において骨盤をストレッチさせるとても便利なアイテム。

使う際は、足を伸ばして仰向けに寝た後、骨盤まくらをおへその真下に置き、手の平を床につけます。この状態を5分ほどキープすればOK

とっても簡単ですよね♪骨盤まくらがなくても、バスタオルを硬めに巻いて、紐で固定させて代用することもできます。

身体の片方だけに負担をかけない

カバンを持つ際、左右どちらか決まった肩や手で持っている人は多いと思いますが、毎日重~い荷物を体の片方で持ち続けているのは、骨盤が歪む原因になってしまいます。

そのため、毎日同じ方向の肩や手で荷物を持つのではなく、日によって変えるように心掛けましょう。

履くだけで整体並み?!骨盤ショーツがおしゃれで人気!

骨盤の歪みを解消するために有効なストレッチ。週2~3回であっても何だか面倒臭いと感じてしまったり、3日坊主になってしまう人は少なくないかもしれません。

そこでおすすめなのが、「骨盤ショーツ」。骨盤ベルトと同じように、着用することで腰回りを適度に締め付け、骨盤を正しい位置に戻してくれます。

また、腰の痛みを和らげてくれる効果もあるので、腰痛で悩んでいる人にもおすすめです。

骨盤ベルトの場合、歩いたり寝ている間に位置がずれてしまうこともありますが、骨盤ショーツはそのようなことがないので人気を集めているようです。

骨盤ショーツを選ぶポイント

着け心地がよいもの

骨盤ショーツは、寝ている間もずっと着用できる点がメリット。

逆に言うと、24時間身につけるものなので、着け心地がよいものを選ぶのが鉄則です。締め付けが弱いものから強いものまで様々あるので、この強弱を確認し好みに合わせて購入しましょう。

骨盤矯正ショーツの中には、骨盤をサポートするだけではなく、お尻をキュッと上げて、背筋をぴんと伸ばしてくれる効果があるものもあります。

骨盤だけではなく、後ろ姿もキレイになれば内側も外側も自信が持てますね。

経済的に無理なく着用できるもの

ガードルや骨盤ベルトの価格は、5000円~8000円程度と結構高め。

それに対して骨盤ショーツは大体2500円~3000円程度で購入できるものが多く販売されています。そのため、数枚購入して毎日清潔なものを着用できるのが◎。

骨盤ショーツは毎日履くことで効果を発揮するので、経済的に負担のないものを数枚購入しておくとよいでしょう。

後ろ姿がキレイに見えるもの

骨盤ショーツの中には、ヒップアップ効果があるものもあり、後ろ姿が綺麗に見えるのもメリットの一つです。

ズボンをはく際は、特に後ろ姿が目立つので、どうせならばヒップアップ効果のあるものを選んでみてもいいかもしれません。

いかがでしたか?

骨盤の歪みを治すために、骨盤ショーツが効果的とは意外でしたね。

これなら、誰にも知られることなく、低コストで24時間骨盤をケアできるから、面倒くさがりな人や忙しい人、できるだけ低予算で抑えたい人にピッタリ!

なかなか治らない頭痛や肩こり、冷え、むくみ…などの症状で悩んでいる人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

▼今人気の骨盤ショーツはコレ!▼

公式サイトはこちら