失敗しないシャンプーの選び方!ノンシリコンやボタニカルの違いって!?

シャンプー選び方

シャンプーの種類がありすぎて、選び方が分からない…

今「シャンプー難民」が増えているんです。

髪のスペシャリストである美容師さんでさえ、一概に何がいいとは言えない…と何ともはっきりしない答えです。

人によって髪の毛の質やクセが、頭皮の状態も好みも変わります。万人に合うシャンプーがないのは、販売されているシャンプーの種類の多さでも分かることですよね。

そこでこの記事ではシャンプーの選び方として、最低限知っておきたい3つのポイントに焦点をあてて紹介したいと思います!

万人に合うシャンプーはない?ランキングはアテにならない

シャンプー選び方1

よく美容師がおすすめするシャンプーランキングなどの記事や広告を目にしますが、正直あれも万人ウケするとは限りません。

髪の毛の質や頭皮は人によって違うのに、売れ筋ランキングだけで選ぶのはあまり賢いとは言えません。

自分の髪質や状態によって、選ぶシャンプーも変えて行きましょう!

例えばブリーチやパーマを繰り返してる人は髪質を改善するシャンプーがおすすめですし、ハリコシが欲しい人なら、ボリュームアップシャンプーを選ぶべきです。

売れているからという理由だけで選ぶのは、メーカーの広告力のおかげだったりパッケージが可愛いからという理由もあり得ます。

また、アミノ酸系やノンシリコン、ボタニカルシャンプーと種類も様々です。まずは自分がどの髪質なのかを知り、それにあった種類のシャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプーを選ぶときの4つのコツ

  1. 刺激の強い界面活性剤を使っていないか
  2. 値段は適切か
  3. 肌に優しい成分が入っているか
  4. きしまない

シャンプーが合わないと思う人は、肌トラブルを起こした、仕上がりに満足しなかったという原因が多いです。

高ければいいというのは、雑な選択肢ですがざっくり言えば高いほど刺激に強い成分が少ない傾向はあります。

安価なシャンプーは洗浄力を強めるために、刺激の強い界面活性剤を使用している可能性が高いです。硫酸系の危険性が認知されいますので、特に注意が必要です。

【シャンプーの選び方】アミノ酸・ノンシリコン・ボタニカルの違いって?

シャンプー選び方2

今話題のアミノ酸シャンプー・ノンシリコンシャンプー・ボタニカルシャンプーのそれぞれの違いはわかりますか?

ここを押さえておかないと、失敗します。

よく口コミサイトで「話題のシャンプーを買ってみました!期待して使ってみたけどキシキシして私には合わなかったです…

というような投稿見かけませんか?

あれは大体ランキングや広告に釣られて購入してしまった、シャンプー難民の陥りがちな流れです。

ざっくりで良いので、この3種類のシャンプーの違いを把握しておけば気になるシャンプーがどのタイプなのか一目でわかります。自分に合うか、即判断できる目安ができるという訳ですね!

アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプはー、洗浄力の成分(主に界面活性剤と呼ばれるもの)をアミノ酸系で生成されたものを指します。

グリシン・メチルアラニン・グルタミン酸などの成分配合と書かれてあるとアミノ酸系シャンプーになります。

洗浄力が優しめなので、頭皮がすぐ赤くなったり肌が弱い人におすすめです。頭皮トラブルによる抜け毛が気になる人や、肌に優しいシャンプーを使いたい人は、アミノ酸が配合されているシャンプーを選ぶと良いですよ♪

ボタニカルシャンプーの特徴

ボタニカルシャンプーとは、植物由来の成分を主に成分として配合されているシャンプーです。ボタニカルシャンプーを一番有名にしたのは、ボタニストですよね。

植物由来の成分ですから、洗浄力よりも肌への刺激を考慮した商品が多いようです。柑橘系の爽やかな香りから花などのフローラルな香りが楽しめるので、若い女性を中心に人気があります。

パッケージも、植物の柄など華やかで女性らしいものが多いので、インスタ映えを狙って購入する人も多いようです。

頭皮に優しいのも理由の一つですが、可愛らしいパッケージと華やかな香りが楽しめる点がボタニカルシャンプーが大ヒットした理由ではないでしょうか。

髪や肌に優しい反面、洗浄力の強さはさほどありません。ヘアワックスや毎日セットのためにヘアケア剤等をよく使う人は物足りないかもしれません。

またアミノ酸シャンプーと同様に、ボタニカルシャンプーも自然由来の成分を使用しているので値段は高めです。

市販品も多く出ていますが、ドラッグストアなどで購入できるシャンプーも割高のものが多いようです。

ノンシリコンシャンプーの特徴

ノンシリコンシャンプーは、その名の通りシリコンが配合されていないシャンプーのことを指します。

シリコンは髪の毛の表面をコーティングすることで髪にツヤを与えます。しかし、傷んだ髪にシリコンで表面を覆ってしまうと、髪の毛に入れたい栄養が浸透しないというデメリットがあります。

そのため、髪の毛自体を改善したい、痛みを補修したい人はノンシリコンを選ぶメリットがあります。

質の悪いノンシリコンシャンプーを選んでしまうと、髪がキシキシする・頭皮が荒れるなどのデメリットもあるので選ぶ際には気をつけましょう。

自分好みに作れるシャンプー!パーソナライズシャンプーが今爆売れ中!

ノンシリコンやボタニカルシャンプーなど、様々なシャンプーを紹介していきましたが、すでにブームの絶頂は去り、下火になりつつあるんじゃないかと噂です。

今流行に敏感な人が一番注目しているのが、パーソナライズシャンプーという自分でカスタマイズできるシャンプーです。

自分で好みの香り、タイプ、成分、髪質の悩みなどから選べる、自分だけのお気に入りシャンプーが作れちゃいます♪

パーソナライズシャンプー「メデュラ(MEDULLA)」の口コミ評判は?自分だけの髪の毛ケアシャンプーが作れる話題の新商品を調査

2018.06.08

本当に自分に合うシャンプーの選び方まとめ

今回は、色々な種類のあるシャンプーの中から、自分に合うシャンプーを見つけるコツ選び方について紹介してきました。

今では、自分の好みでカスタマイズシャンプーもスマホ一つで作れちゃう時代です。

シャンプー難民、シャンプジプシーだと思う人は、試してみてはいかがですか?

ABOUTこの記事をかいた人

ゆいP

前職は美容・雑貨商品の小売店勤務。 食べることとオシャレが大好き!ライター歴3年目のゆいPです! 流行りのダイエット法や美容法が好きで、なんでもチャレンジします。 パクチー女子より炭水化物系女子です。キレイになれる情報をいっぱい発信していきます(∩'-'⊂)