ダイエットやバストアップ、スキンケアからワキガの悩み解決マガジン|Karada Life(カラダライフ)

ダイエット、バストアップ、スキンケア、ニキビ、脱毛、体臭、ワキガ、性病などの悩みを解決するマガジン

*

女性のガンが増えている!!その原因は時代背景が関係していました

      2015/10/08 2,634views

つい最近までTVで活躍していた女性芸能人
が相次いでガンになられてますね。
特に9月24日に亡くなられた川島なお美さんは、
私も含め皆さんが衝撃を受けたことだと思います。
そして、乳がんが発覚し闘病生活に入られた北斗晶さん。
北斗さんは毎年がん検診を受けていたにも関わらず、
今回胸の摘出術をするまでに進行していたというので驚きました。
検査を受けているから安心という油断は出来ない
ということが証明されてしまいました。

女性のガン発症率は年々上昇傾向にあります その原因とは・・・

川島なお美 北斗晶 ガン 女性

女性のガンでの死因のトップは、大腸がんです。
肺がんも大腸がんと同様、死者が増え続けています。
がんは昭和56年から日本人の死因で
第一位となり国民病として知られています。

中でも大腸がんは増加の一途をたどっており、
男性の死因でも第3位なっています。
昭和40年からの統計を見ると約6.2倍の人が亡くなられています。

元々、日本人のがんの一位はずっと胃がんで、
逆に欧米諸国では大腸がんが多いと言われてきました。
やはり、大腸がんが増えている大きな理由として
食生活の欧米化が考えられます。
農林水産省によると日本人の食生活で
もっとも変化したのは肉類の消費量で、
この40年間に10倍に増えたといわれています。
穀物や野菜、魚中心の伝統的な食事から、
肉食へと変わった食生活の欧米化が私たちの
腸内環境を変えてしまった結果、大腸がんが増加してしまいました。

川島なお美 北斗晶 ガン 女性

女性に関しては、
かつてトップであった胃がん、
及び第2位であった子宮がん(子宮頚がんを含む)
が横ばい、減少傾向になり、最近では、
増加傾向が続く大腸がん、
肺がんがトップ2位、
胃がんが3位となっています。
若い時からの女性の喫煙率の上昇によって
女性においても肺がんの増加が懸念されているそうです。

8c68804cac8d3746ec3c5ea76cd7fea2

また、働く女性が増えていることも懸念されています。
胃や腸のガンはストレスが大きな要因ともされているため、
社会進出した女性のストレスは計り知れないもとだと
思います。
ストレスが原因で胃が荒れるだけでなくそれを解消しようと
喫煙や飲酒に走ったりするのも間接的な原因とされています。

人間は最後にはみんなガンで亡くなるというのは本当?

川島なお美 北斗晶 ガン 女性

人の体は生きている限り絶えず細胞分裂を繰り返しています。
長生きすればするほど、
細胞分裂の時に異細胞が発生する確率は高くなります。
ガンとは元々自分の細胞が異常分裂したものがガン細胞となるのです。
つまり年を取ればとるほど癌になる確率は高くなるでしょう。
人間は生きている間に他の病気や死因で亡くなっている
だけで、もしこの世の中に他の病気全ての特効薬が
出来たとすれば最終的には人類はガンで亡くなることになります。

自分でできるガンのチェック方法

大腸がんのチェック方法

大腸ガンの特徴的な症状です。
痔と似ている症状のため間違われやすいですが
自分でチェックして、当てはまる場合は一度検診に行きましょう。

  • 血便がでる
  • 下痢や便秘などの便の異常
  • いつもとは違うお腹の痛み
  • 腹部のしこり

上記の症状に気付かずかなり進行すると、
出血により貧血を起こしたり、
腫瘍が大きくなり便が通過できなくなると
腸閉塞の状態となり
突然ひどい痛みや吐き気に襲われることもあります。

乳がんのチェック方法

日ごろから自分の乳房を鏡でチェックし、実際に触って感触を覚えておきましょう。
いつもと違和感を感じることが出来れば
乳がんを発見することができます。
でも間違えやすい点も多いので、まず正しいチェック方法を身に付けてください。

見てチェック(視診)

◎鏡の前に立ち、自分の乳房の形、乳頭の向きなどを確認します。
とくに乳頭にただれがないか、
左右の位 置に違いがないか、陥没がないかといった点をチェックします。
◎乳房の表面に、小さなくぼみやしわ、
はれがないかどうかをチェックします。
乳がんのもっともできやすい場所は、乳頭の上方からわきの下にかけてのあいだですが、
乳頭の内側や下方にできることもありますし、
上方の鎖骨とのあいだにできることもあるので、
乳房の周辺をじっくり観察しましょう。
◎次に両手を高く上げます。
このとき、乳房のどこかにかすかな「ひきつれ」を感じることがあれば、
その位 置をチェックします。
腕を上げた姿勢のまま、少しからだをひねったりして、
同様にひきつれを確認します。
ひきつれ感は、ブラジャーをしないで歩いているとき、
なんとなく乳房のあたりに軽い違和感をおぼえて、わかることもあります。

触ってチェック(触診)

◎まず乳頭を指でつまみ、根元付近を少ししぼります。
このとき血の混じった茶色の分泌液が出ないかどうかチェックします。
◎次に、指の腹(人さし指・中指・薬指)
で乳房の表面全体を軽くなで、
しこりがないかどうかをチェックします。
しこりがあると、かすかに盛り上がった感じや硬い感じが
指先に伝わってきます。
乳がんのしこりは硬めで、表面 はでこぼこしていて、触れても痛みはありません。
◎見た目でくぼみやしわ、
はれのあった個所、ひきつれを感じた個所などは、
少していねいに触ってみましょう。でも指に力を入れると、
乳腺などをしこりと間違えやすいので、
あくまでも表面 を軽くすべらせるようになでます。
指がざらつくときはベビーパウダーをつけたり、
入浴中なら濡らした石鹸をつけるのもいい方法です。

基本的ななで方

●上下になでる…… 乳房の表面を上から下、
下から上となでながら、指の位 置を少しずつずらしていきます。
●渦巻状になでる…… 乳頭を中心に、
渦巻状に輪を広げながらなでていきます。
●放射状になでる…… 乳頭から外へと、
放射状になでていきます。いずれの場合も、軽く、ゆっくりとなでます。
腕を下ろした姿勢と、上げた姿勢で、左右それぞれをチェックしてみましょう。◎乳房が大きな人は、あお向けに寝た姿勢でやると、
乳房が平たくなってチェックしやすくなります。
寝て調べるときは、チェックする側の肩の下にタオルを敷き、
腕を上げた姿勢で行います。

しこりを発見したらまず受診

 

しこりの原因はいろいろ

 しこりを発見したからといって、
すぐに心配する必要はありません。
乳がんのほかにも、乳房にしこりのできる病気
(良性の乳腺繊維腺腫、乳腺症、乳腺炎など)
は多いからです。
こうした病気は、薬や簡単な手術で治療できますし、
軽いものなら放っておいてかまわないものもあります。

受診は専門医のいる病院で

 しこりを発見したら、まず受診(外科・乳腺外科)
して、病名をはっきりさせましょう。
受診する際には、できれば乳がんの専門医のいる病院で
しっかりした検査を受けるほうが安心です。
簡単な検査だけでは、乳がんであることを見逃されることがあり、
これがいちばん怖いことだからです。

知っておきたい話

 乳がんのしこりは、
直径1~2cm程度までを早期といいます。
この程度の大きさになるまで、通 常は10年以上かかります。
この大きさになってようやく、私たちが自分で発見できるようになります。
乳がんはひとつとはかぎらず、
乳房にいくつかできることもあります。
乳がんだとわかると、自分の何が悪かったのだろうと
悩む女性は少なくありませんが、
実際には10年以上の長いあいだにさまざまな要因が
重なって生じてきたと考えるほうがいいでしょう。
検査に行っているから大丈夫だと、安心せず
自分でもチェック出来る方法を覚えておく方がいいです。
ガンはとにかく早期発見が大事です!
早く見つかれば見つかるほど命が助かる確率が上がります。
そしてがん細胞というのは、元は自分の細胞でもあるため
自分の体が若ければ若いほど細胞も若いので
進行が驚くほど早いのです。
まだ自分は若いから関係ないと思っていると
後から後悔することになります。

 - 婦人病・女性の病気, 症状・病気, 胃腸の病気 , , ,