カラダライフ(Karada Life)~女性のカラダの悩み解決マガジン

ダイエット、バストアップ、スキンケア、ニキビ、脱毛、体臭、ワキガ、性病などの悩みを解決するマガジン

*

産婦人科は怖くない♪自分の体の為にも定期健診を受けましょう

      2015/06/11 334views

前田産婦人科クリニック | きりなび 霧島観光情報

抵抗感がぬぐえない

産婦人科の受診には、いまだに抵抗のある方も多いのではないでしょうか。

「普段、人には見せないところを見られるのは恥ずかしい」
「どんなことをされるのか不安だし、痛い検査があったらどうしよう…」
「プライベートなことまでいろいろ聞かれるのはイヤ!」などなど
受診が躊躇われる理由を挙げていくとキリがありません。

そんな皆さんの憂鬱を払拭し、少しでも背中を押す手助けになれればと思い
基本的な受診の流れや注意点をまとめてみました。

女性には子宮や卵巣、乳房など、男性にはない臓器や器官があり
それにともなう生理トラブルや、女性特有の病気があります。

年代ごとに注意しなくてはならない病気もあります。
その他、かかりやすい病気にだって男女間での違いがあります。

それらを診断し、原因の解明、的確なアドバイスを行えるのは
やはり産婦人科が最適であろうと思います。
また、女性の一生で起こりうる体と心の変化としっかり向き合い
問題解決のお手伝いをすることこそ産婦人科の本分であると考えます。

自分の健康は自分自身で守る!

産婦人科はそんなあなたの心強いパートナーです。
まずは親しい友達に会いに行くように、軽い気持ちで行くほうが
いいかもしれませんね(*^^*)

あまり思いつめずにが一番です!

睡眠不足は婦人科系の病気の原因にもなる!?|ネムジム

早期発見が出来て最悪のパターンを防げるかも

月経痛が強い・月経の量が多い

月経痛が強いことを「月経困難症」、月経の量が多いことを
「月経過多症」とよびます。

はっきりと原因がみつかる場合とみつからない場合がありますが
前者を「器質性」、後者を「機能性」とよびます。

月経困難症や月経過多症をおこす疾患の代表は「子宮筋腫」や
「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などです。

「子宮筋腫」は子宮の筋肉の中に「平滑筋腫」とよばれる
良性腫瘍のコブが出来る病気です。

「子宮腺筋症」は後に述べる「子宮内膜症」の一種で
「子宮の内膜細胞が子宮の筋肉の中で増殖して子宮が大きくなったり
コブが出来たりする病気」です。子宮筋腫と腺筋症は、症状も治療法もほとんど同じです。

「子宮内膜症」は「子宮の内膜細胞が子宮の
内腔以外の場所(腹膜など)で増殖する病気」です。
重症になると骨盤全体が癒着をおこして固まってしまいます。

4fb268fcbe44efce50e5151444b1dea5

パートナーも安心させることが出来る

何も知らないまま性行為を続けてしまうと
子宮内を傷つけて知らず知らずのうちに
病気が進行して行く事だってあるんです。

その為には、早くて半年に一回。
長くても一年に一回は定期健診を受けましょうね♪

自分の体は自分で守りましょう(*^^*)

 - 婦人病・女性の病気, 症状・病気 , , , , ,

This site is protected by wp-copyrightpro.com