カラダライフ(Karada Life)~女性のカラダの悩み解決マガジン

ダイエット、バストアップ、スキンケア、ニキビ、脱毛、体臭、ワキガ、性病などの悩みを解決するマガジン

*

繰り返しやすい膀胱炎!なぜ女性のほうが膀胱炎になりやすいのかを解決

      2017/04/26 298views

c04ed18c27b747363b4115ac6ba0b4e1

 

頻繁になってる気がする

あれ?イテテ・・・
おしっこのきれがわるいし、なんだか
トイレするときに痛い気がする。

また膀胱炎になっちゃったのかなぁ(T_T)
あぁ、ガマンしないであの時トイレに
行っておけばよかったな。

そんな経験ありませんか?
女性はとっても膀胱炎になりやすい生き物!

それはなんでなのでしょう!
女性の体のメカニズムについて調べました♪

9055f5360eacfa83308844c646abe4d5

なんとも言えない不快感

女性は膀胱炎になりやすいといわれています。
トイレが異常に近かったり、排尿する時に痛みがあるなど
膀胱炎の症状は排尿に関するものなのでかなり不快なものだと思います。

そのため、泌尿器科を受診する女性の病気のなかで
一番多い症状が膀胱炎です。
実は同じような症状に悩んでいる女性はかなり多いのです。

女性に膀胱炎が多いのは、女性の体の構造と深く関係すると言われておちます。
膀胱炎には慢性の膀胱炎と急性の膀胱炎があり、いくつかのタイプがあります。

一番多いのは細菌の感染から起こる急性膀胱炎です。
その原因となるのは、大腸菌が圧倒的に多いといされています。
その他にも腸球菌やブドウ球菌などがあり、原因はごくありふれた細菌がほとんどです。

このような細菌が尿の出口(尿道口)から侵入してしまい
膀胱に入って炎症を引き起こすといわれています。

女性の場合には、尿道が男性に比べて短く直線的と
なっておりますので、膀胱に細菌が侵入しやすいといわれています。

また肛門と尿道口が近いことも、膀胱炎になりやすい原因とされています。
ちなみに、男性の尿道は平均して15~17センチはありますが
女性の場合はわずか3~5センチぐらいしかないそうです。

523dc3121af75360296c6b99db36ff6a

繰り返さないためには

違和感を感じたら、まず水分をできるだけ多くとって尿量を増やし
膀胱や尿道にとどまっている細菌を外へと流し出してしまうことが大切です。
ごく軽いものなら、それだけで治ってしまうこともあります。

思い当たる症状があったら、早めに受診するのが一番。
膀胱炎は、抗生物質を1週間ほど飲み続ければ細菌が消え、治ってしまいます。
出された薬は、指示された期間飲み続けることが肝心。

症状がなくなっても細菌が残っていることが多く
そこで薬をやめてしまうと、再び症状がくり返されることになるからです。

再発を繰り返す人は、治りきっていないうちに
薬をやめてしまっているのかもしれません。
または、膀胱炎になりやすい生活習慣が原因になっているのかも。
なかには膀胱炎になりやすい体質の人もいるのですが
原因が生活習慣の中にあることも多いのです。

再発防止は日常生活を見直して

膀胱には細菌に対する抵抗力がありますが、病気をしたときや
疲れやストレス、冷えなどで免疫力が低下すると、細菌に感染しやすくなります。
また、水分が十分摂取できず尿量が減ると
尿で細菌を流し出す機会が少なくなるので注意しましょう。

膀胱炎を予防し、再発を防ぐには、日ごろから尿道付近の清潔を心がけるとともに
生活習慣を見直すことが大切です。次のようなことに注意しましょう。

●ストレスや疲れをためない
●休養、睡眠をしっかりとる
●栄養バランスのよい食事を心がける
●体を冷やさないようにする
●水分摂取を十分に
●外陰部を清潔にする。排便後は「前から後ろへ」向かって拭く
●生理用ナプキンはこまめに換える
●性交渉は細菌感染のきっかけになりやすいため、その前後にカップルの双方がシャワーなどで清潔にする。また、性交渉後は早めに排尿するよう心がける
●便秘をすると便の中の大腸菌が増えるため、便秘しないよう食事と運動に気をつける

 

このような事に気をつけて
繰り返さないようにしましょうね♪

 

 - 婦人病・女性の病気, 性病 , , , ,