生理じゃないのに生理痛?!厄介なPMSの原因と解消方法は?愛用者続出のめぐルナ調査

まだ生理予定日じゃないのに、生理通みたいな痛みを感じた経験、あなたはありませんか?

  • 「あれ?もうすぐ生理がくるのかな?」
  • 「ホルモンバランスが崩れちゃってるのかな?」
  • 「もしかしたら、婦人科系の病気!?」

と、予定外の痛みが襲うと不安になってしまいますよね。一般的に考えられる生理前の腹痛はPMS(月経前症候群)と呼ばれる症状のひとつ。

生理中はただでさえ体調が優れないのに、生理前から腹痛などの症状に襲われ、しかもそれが毎月繰り返されるなんて、考えただけでも憂鬱になってしまいますね。

そこで今回は、女性を悩ます厄介なPMSの原因や、その解消法を徹底調査!

今すでにPMSの症状で悩んでいるという人や、PMSの症状で悩みたくない!という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼PMSには鎮痛剤は向かない?女性のカラダに嬉しいPMS専用のサプリ▼

公式サイトはこちら

生理じゃないのに生理痛がするのはなぜ?

生理中は、子宮が収縮し、はがれ落ちた子宮内膜を経血として体の外に押し出す働きをする「プロスタグランジン」が分泌されます。

この分泌が多く分泌されると、子宮の収縮が過剰になり、生理痛を引き起こすと言われています。

生理前に生理痛がする理由は、この「プロスタグランジン」にあります。

プロスタグランジンは、生理の約1週間前から分泌が始まり、そのピークは生理の2・3日前。そのため、1週間前から、生理痛のような痛みを感じると考えられています。

また、このプロスタグランジンには痛みを強める作用などがあり、

  • 頭痛
  • 腰痛
  • 吐き気
  • イライラ

の原因にもなると言われています。

厄介なPMSはこんな原因で起こる!PMSを改善する方法

生理痛のほか、頭痛や腰痛、吐き気、冷え、むくみ、イライラ…と、人によって大きく症状が異なるPMS。

この厄介なPMSの症状は、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が深く関わっていると考えられています。

下の図からも分かるように月経周期が28日の女性の場合、排卵が起きるのはちょうど月経(生理)が始まる14日前。

排卵を境に、変動するふたつの女性ホルモンが影響して、PMSを引き起しているのです。ただ、排卵後に起こる女性ホルモンの急激な変動は、女性なら誰の体でも起こっている現象。

にも拘わらず、PMSの症状が現れる女性とそうでない女性がいるのはどうしてなのでしょうか?考えられる要素に、下の3つが考えられます。

① プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多い

排卵後〜生理前に分泌される女性ホルモン・プロゲステロンは、脳内物質(GABA) や水分代謝に影響し、体調が不安定になりやすいと言われています。

② 脳内物質の低下による影響

排卵後は、女性ホルモン・エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減ることによって、喜びを感じる脳内物質・セロトニンが急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こしやすいと言われています。

③ ビタミンやミネラル不足

PMSの症状を訴える人は、ビタミンやミネラルなどの栄養素が欠乏状態にある場合が多いと言われています。

上の3つの要素に加えて、PMSは日常生活で受ける刺激やストレス、またその人の性格にも大きく影響していて、下のような性格の人は、PMSの症状が強く出やすいようです。

  • まじめで几帳面
  • 少しのことも我慢しようとする
  • 完璧主義
  • 自分に厳しい
  • こだわりが強い
  • 負けず嫌い
  • 律儀
  • プライベートより仕事を優先させる
  • 生活のリズムがバラバラ
  • 体調を崩しやすい

PMSの原因や悪化させる原因が分かったところで、次に気になるのが、PMSを改善・緩和する方法。気になる解消法を詳しく見ていきましょう♪

PMSを解消する方法1:食事の内容を見直す

私達は、食べているものからできています。そのため、食事を見直すのが第一の方法です。

PMSの症状を解消するためには、いくつかのポイントがあるので、ポイント別に紹介します。

①血糖値を急激に上げる食品を避ける

血糖値が下がると、食欲が極度に増しイライラが悪化すると言われます。

また血糖値を急激に上げてしまうと、その後急降下して悪循環に陥る可能性もあります。そのため、血糖値をゆっくりと上げて安定させるのが大切です。

そのためには、血糖値を急激に上げる砂糖、果物、チョコレート、ケーキなどを避け、でんぷんを含む穀物類や豆類、いも類など摂るようにしましょう。

さらに、食事を1日4回~6回に分けて摂るとなお効果的です。

②刺激物を避け、ホルモンバランスを整える食品を摂る

PMSの症状が現れている時期は、情緒不安定になりやすく、神経が緊張・興奮している可能性があると言われます。

そのため、刺激を与えるカフェインの入っているもの(コーヒー、紅茶、緑茶、栄養ドリンクなど)は避けるのが◎。

また、イライラを鎮めるためには、ビタミンB6やカルシウム・マグネシウムを多く含む食品(かつお、レバー、ナッツ類、海藻類など)を摂取すると良いでしょう。

また、排卵後から分泌が減少する女性ホルモン・エストロゲンに似た働きをするイソフラボン(豆腐、豆乳など)を摂るのも効果的だと考えられます。

③塩分・アルコールを避ける

頭痛や腰痛、むくみもPMSの代表的な症状。

これらは、代謝を高めることで悪化を解消することできます。そのため、塩分やアルコールの摂取は控え、利尿作用のある乾燥豆や木の実などを積極的に摂ると良いでしょう。

PMSを解消する方法2:軽く運動してみる

PMSの症状が現れると、心も体もだるーく疲れてしまって、体を動かす気にもなれないのが本音。

もちろん、無理は禁物ですが、軽い運動をしてみることで、気分転換になると同時に、代謝が高まり、症状が気にならなくなったり、軽減する場合もあるんです。

一番良いのは、自分がリラックスして行える運動ですが、特に、有酸素運動が良いとされています。

運動が苦手…という人は、気軽に行える散歩やストレッチ、ヨガを試してみてはいかがでしょうか?

体を動かしたくない!という時は、少し深呼吸してみるだけでも、憂鬱の気分が少し解消されますよ。

PMSを解消する方法3:喫煙はやめる

喫煙は、血行を悪くする上にホルモンのバランスまで崩すため、PMSを悪化させてしまう原因に。受動喫煙でも影響を受けてしまうため、家族に喫煙者がいる場合は、協力してもらうとなおよいでしょう。

PMSを解消する方法4:PMS日記をつける

PMSの改善に直結するわけではありませんが、スケジュール帳や日記にPMSの症状、開始時期などを書き込むことで、PMSの症状が現れるタイミングや状況などに気付くことができます。

自分のPMSの傾向を把握できていれば、仕事などを調整したり心構えができ、自分なりに対処法を見つけることができますよ。

PSMに効果的なサプリメントがある!

食事内容や運動、喫煙…などを実践してもなかなかPMSの症状が解消されない場合や、できるだけ早くなんとかしたい場合におすすめしたいのが、PMSに対応したサプリメント。

もちろん、PMSの薬もありますが、常に薬に頼ってしまうと、通常の量では効かなくなってしまったり、副作用が出てしまったりというデメリットもあります。

そのため、PMSの症状が出やすい体質を根本から改善できるようなサプリメントを選ぶ方がよいでしょう。

それでは、数あるなかで人気を集めているサプリメントを紹介します。

☆めぐルナ☆女性ホルモンのバランスを整えるチェストベリーを1粒に推奨量40mgをしっかりと配合。

また、血行を促進させるやんばる生姜、アンチエイジングや美肌に効果的な高麗人参、イライラ解消・安眠効果のあるクワンソウに加えて、腸内環境を整える乳酸菌まで幅広く配合しているサプリメント。

頭痛や冷え、むくみ、肌荒れ、便秘…など数多くのPMSの症状に幅広く対応できる万能PMSサプリメントと言えます。

  • 価格:3980円(税込)
  • 特別価格:980円(税込)
  • 容量:31粒入り
  • 1日の摂取目安:1粒

配合成分:チェストベリー、高麗人蔘、クワンソウ、やんばるショウガ、乳酸菌、ビタミンB6

公式サイトはこちら

生理じゃないのに生理痛の原因と解決法まとめ

今回は、女性を悩ます厄介なPMSの原因や、その解消法、PMSに対応したサプリメントについてみてきましたが、いかがでしたか?

一番は、今の食生活や生活習慣を見直すことですが、上手にサプリメントを取り入れてその力を借りることで、PMSの症状を緩和・解消することができるのではないでしょうか?

どうせ毎月訪れる不調だから…」と諦めず、早めに対応して少しでも快適で穏やかな毎日を送ってくださいね!