ルミキシルでシミ消しが断然低リスク!美容業界でも大注目

ルミキシルは、今までの美白効果が期待されていたハイドロキノンより安全性が高く、より効果が期待されている成分です。美容整形外科などでも紹介されていることが多く、今まで肌トラブルが心配で使えなかった人もこのルミキシルなら使える可能性があるんです!
年齢を重ねると発生するシミ。化粧でごまかすのにも限界があるので、早く対処したいものですよね。コンシーラーで消すと、そこだけが厚塗りになって余計に違和感のある印象に。
私はまだ大丈夫なんて思っていると取り返しがつかなくなるかも!
シミは早いうちに対処しないとだんだんその差は大きくなってきます。

シミの消し方って人それぞれですが、化粧では単純にごまかしているだけですから根本的な対策にはなりません。シミの消し方はどうすれば良いのでしょうか?

シミはメラニン色素が原因

シミの消し方って多くの人が知りたいですよね。化粧で隠すにも限界があるし、スッピンに自信が無くなると活動も消極的になってしまいますからね・・・。

そもそもシミというのは、メラニン色素が終結して周囲の色素がどんよりと黒ずんでしまうことにより発生します。そのためメラニン色素が集まりすぎないように工夫をすることが求められるんですね。

そこでまずはシミを消す前に、シミが発生しない体質や肌質について考えていきましょう。

シミを防ぐ絶対条件

bihaku2
シミを発生させないためには、「日焼けをしない」ことがまず絶対条件です。紫外線を皮膚が浴びるとメラニン色素が多く分泌していきます。これによってシミが発生するので、日焼けは美肌にとって大きな敵となります。

乾燥がシミを招く?!乾燥で紫外線が届いてしまう!

そして意外なのが、乾燥もシミの原因になるのです。
どういうことかというと、乾燥をすると、紫外線は潤っている肌比べて吸収しやすくなってしまうんです。
乾燥によるトラブルはシミだけでなく、毛穴の広がりやシワやくすみの原因にもなるので要注意です。

基礎代謝が悪いとシミが出来やすい体質に!

続いて「老廃物」をしっかりと体外へ排出することです。基礎代謝が落ちたりすると汗の分泌が弱くなります。汗は体温調節だけでなく、体内の老廃物を外へ排出する働きもありますので、基礎代謝が落ちることは老廃物を体内に留まってしまいます。

これではシミを発生させる原因が体内にありますので、シミができやすい体質になってしまうのです。

話題のハイドロキノンとトレチノインの効果と副作用

cream

さてシミが発生する原因を抑えたところで、いよいよ消し方について確認してみましょう!

シミを消すには、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」を使うと良いことが分かっています。トレチノインは皮膚のターンオーバー(若返り)を早める効果があり、メラニン色素を排出してくれます。

トレチノインのこうした作用と、メラニン抑制効果を持っているハイドロキノンを併せて使うことによって、シミを改善していきいつの間にか消すことに成功できます。

しかし、漂白効果が強い為最近まで日本でも中々認可が降りなかったそうで実際に使って肌荒れなどのトラブルを招いた例もあります。
効果がある分これらは刺激も強いので、敏感肌の人には少々厳しいかもしれません。

ルミキシルクリームならリスクが低い

さきほど紹介したものが、肌に合わない場合には「ルミキシルクリーム」を塗ってみるのもオススメ♪

シミの消し方について悩んでいる人ならば、誰もが一度は聞いたことがあるほど有名なクリームですね。ルミキシルクリームはメラニン色素の抑制効果がとても高く、刺激もありませんので、ハイドロキノンよりも使い勝手が良いとされています。

今は、美容整形外科でもハイドロキノンよりリスクの少なく効果が期待されるルミキシルクリームを勧められることの方が多いようです!

シミの消し方で一番大切なのは「メラニン色素を抑制」すること。そこに注目している商品は多く販売されているので、自分の肌に合うものを選んでいきましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です